配信元:共同通信PRワイヤー

2020年5月26日

産業能率大学

産業能率大学「デジタルビジネスデザインコース」2021年4月開設
先端AI・IoT人材育成

産業能率大学(東京都世田谷区)は、2021年度より、先端ICT技術やビッグデータを統合的に理解し、ビジネスとしてプロデュースできる人材を育成する「デジタルビジネスデザインコース」を情報マネジメント学部(湘南キャンパス)に開設します。新コースの「デジタルビジネスデザインコース」では、コンピュータサイエンス、データインテンシブサイエンス分野のベースコンセプトについて学んだ上で、それらを領域横断的に理解し、新たな価値創造、新たなビジネス創造につなげる事に重点を置き、情報技術を統合的に理解し、ビジネスとしてプロデュースできる人材を育成します。

【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202005260242-O1-9eOwFlcP

【ポイント】

◆2021年度産業能率大学情報マネジメント学部に新コース「デジタルビジネスデザインコース」開設
◆同コースでは、ビジネスの現場で不足する、先端ICT技術やビッグデータを統合的に理解・駆使することができ新たな価値を創造できるデジタルビジネスプロデューサーを育成
◆PBL(Project Based Learning)で実績のある産業能率大学が、実践力を鍛える独自のアクティブラーニング授業により、「先端デジタル知識・技術&ビジネスで生かす実践力」を鍛えデジタルプロデュース力を育成
◆実際の企業を相手にビジネスプランを提案。プロジェクト型専門科目により、3年かけて企業のデジタル人材育成同様の実践力を育成
◆同大情報マネジメント学部においてこれまで実施してきた、コンテンツビジネスコースにおけるビッグデータ活用・データマーケティングなど最新のデジタルビジネス教育を統合し体系化
◆先端技術の専門英語・英語文献学習を一部の科目に取り入れることによりグローバルビジネス対応力育成
◆卒業後は、企業で不足するデジタルビジネスプロデューサー、社内外プロジェクトや海外企業とのビジネスにおけるデジタル戦略リーダーとして活躍

【産業能率大学「デジタルビジネスデザインコース」概要】
◆コース名称:デジタルビジネスデザインコース
◆設置学部:産業能率大学 情報マネジメント学部
◆設置年度:2021年度
◆コース専門科目(7科目)
 2年次:デジタルビジネス企画ワークショップ(3、4年生の「デジタルビジネスプロデュース」との連携授業)、デジタルビジネス入門、先端デジタル分野の理解Ⅰ
 3・4年次:デジタルビジネスプロデュース(2年生の「デジタルビジネス企画ワークショップ」との連携授業)、デジタルビジネスの考え方、先端デジタル分野の理解Ⅱ、グローバル社会とデジタル技術
【特徴】
◆産業能率大学独自のアクティブラーニングを活用した実践力育成カリキュラム
先端デジタル分野の知識・技術の習得だけでなく、企業連携によるPBL授業など、アクティブラーニングをベースとした独自のカリキュラムにより、ビジネスの現場で使える実践力を身に付ける。
◆「先端デジタル知識・技術&ビジネスで生かす実践力」を鍛える授業
2年次より、先端デジタル知識・技術とマネジメントの知識をビジネスの現場で生かすための演習授業及びPBL授業を展開します。

【産業能率大学】
ホームページ: https://www.sanno.ac.jp/
プレスリリース: https://www.sanno.ac.jp/news/pressrelease/media20200526_01.html

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。