配信元:共同通信PRワイヤー

氷見まちづくり協議会が「f-Biz」をモデルとして、伴走型のビジネスコンサルティングを始めます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005270268-O1-dll3fi80

 氷見市と氷見商工会議所など関係機関で構成する氷見まちづくり協議会が運営を行う、北陸初の伴走型中小企業支援窓口「f-Biz」をモデルに、氷見市ビジネスサポートセンターHimi-Biz(ヒミビズ)(以下「Himi-Biz」という)の開所にあたり、オープニングセレモニーを開催致します。

オープニングセレモニー 概要

【日時】  
 令和2年6月1日(月曜日) 午前9時~午前9時30分

【場所】
 〒935-0016 氷見市本町14-7

【次第】
 ・9:00~ 開式
 ・9:02~ 挨拶
       氷見市長 林正之、氷見商工会議所会頭 寺下利宏
 ・9:12~ 氷見まちづくり協議会長挨拶、スタッフ紹介
 ・9:17~ 岡田センター長決意表明
 ・9:22~ テープカット
 ・9:30~ センター内見会

【出席者】
 ・氷見市長 林 正之
 ・氷見商工会議所会頭 寺下 利宏
 ・氷見まちづくり協議会長 京田 賢
 ・氷見市ビジネスサポートセンター長 岡田 弘毅

【その他】
相談業務は6月8日(月曜日)から開始します。

氷見ビジネスサポートセンター Himi-Bizの概要
【Himi-Bizとは】
Himi-Bizは氷見市のあらゆる業種の中小企業や起業家、個人事業主の皆さんのチャレンジをサポートし、地域の人を元気に、そして笑顔にするために活動する産業支援拠点です。
「行列のできる経営相談所」として全国的に注目を集める静岡県富士市産業支援センター「f-Biz」をモデルに取り入れた北陸初の伴走型サポートで、売上拡大に直接つながるアドバイスを無料で、成果につながるまで何度でも行います。

【目的】  
 中小企業・小規模事業者、創業希望者が抱える様々な経営課題を分析し、その課題解決と売上拡大に向け、「f-Biz」をモデルに伴走型のビジネスコンサルティングを実施します。
 販路開拓や新分野開拓、新製品開発等を支援し、売り上げの向上に取り組むとともに、この事業を通じて地域経済の活性化を図ります。

【主な事業】
 中小企業・小規模事業者、創業希望者に対する相談業務を中心とした、「人による支援」を無料で行います。 問題点の指摘だけではなく、対話を通じて相談者が持つ強みや価値を見出し、それらを活かした具体的な課題解決策や売上増加策を提案します。

【支援の対象者】
 ・経営上の課題を持つ中小企業・小規模事業者(製造業、商業、サービス業等あらゆる分野)    
 ・創業を希望する者  
 ・その他、中小企業・小規模事業者等の売上拡大等に関わりを持つ者   
 ※原則、市内の事業者

【センター所在地】
 〒935-0016 氷見市本町14-7

【電話番号】
 0766-75-3640

【相談実施日】
 月・火・水・木・金曜日 午前9時~午後5時(要予約)
 ※相談は令和2年6月8日から実施開始

【センター長】
岡田 弘毅/ おかだ ひろき
 広島県呉市出身。北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科 修士課程修了。新卒で大手経営コンサルティング会社に入社。11年間中小・中堅企業の経営サポートに従事。住宅、不動産やリサイクルショップ、楽器店、法律事務所など幅広い業種の中小企業経営支援に携わる。 2020年3月、年収1200万円の条件で公募に応じた全国133人の中から選ばれ、氷見市ビジネスサポートセンターHimi-Biz(ヒミビズ)のセンター長に就任。

氷見まちづくり協議会について
 地域経済の活性化と雇用の創出などを図るため、本市の中小企業者の売上増進や販路拡大等を支援します。 また、中心市街地のエリア価値を高めるため、まちづくりに対するコミュニティ支援や賑わいづくり等を支援します。

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。