配信元:@Press

さくら情報システム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小西池 透、以下:さくら情報システム)は、テレワーク支援の一環として、「年末調整Web申告」を2020年8月末までにご契約いただいた企業に対して、初期費用を無料とすることをお知らせいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/214279/LL_img_214279_1.png
「年末調整Web申告」メイン

■市場背景と経緯
新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた働き方として、多くの企業でテレワークが普及・拡大しました。2020年5月25日に緊急事態宣言は全国すべてで解除されましたが、秋冬に第2波襲来の可能性も想定されています。そのため、企業は政府の専門家会議から提示された「新しい生活様式」で求められている働き方の新しいスタイルの実現に向けて、テレワークの継続・定着を含めた取り組みを急いでいます。

しかし、テレワークを普及させようとすると、「紙」を取り扱う作業が足かせとなります。企業の人事部門では、冬の大きなイベントとなる年末調整での「紙」の取り扱いを避けることができず、テレワーク普及の懸念事項の1つに上がっています。さらに、従来の申告書印刷・配付・回収に加え、今後は従業員毎の出社とテレワークの区別も必要となり、作業が煩雑になることが想定されます。また、職種・業務間の不公平感にも繋がったことを実感した企業が多くあり、人事部門のテレワーク推進には「紙」の取り扱いをできるだけ減らし、不公平感の解消することも課題となっています。


■「年末調整Web申告」について
「年末調整Web申告」は、従業員がパソコンやスマートフォンで、いつでもどこからでも簡単に申告、人事部門ではWeb上で申告状況管理や内容チェックが行え、従業員・人事部門双方の事務作業を大幅に削減できます。「紙」の取り扱いも最小限に留めることができ、テレワークで大いに活用できるクラウドサービスとなっています。さらに2020年の年末調整に向けてはユーザーの声を反映し、サービスの使いやすさがさらにアップします。

この度、さまざまな企業のテレワーク支援の一助となるよう、「年末調整Web申告」の利用開始時にかかる初期費用の無料化を実施することにしました。

さくら情報システムは、新型コロナウイルス感染拡大予防に向けた「ニューノーマル」に備えて、社会や企業の課題解決を少しでもご支援できるよう努めてまいります。また、「年末調整Web申告」をはじめ、新しい働き方の一助となるソリューションを今後もご提供いたします。

「年末調整Web申告」
サービス詳細: https://www.sakura-is.co.jp/solution/ps-000-113.html


■無料化概要
・対象サービス:年末調整Web申告
・内容 :基本料金200,000円(税抜)を無料化(オプションも対象)
・期間・条件 :2020年8月31日までに契約完了


■さくら情報システムについて
<会社概要>
商号 : さくら情報システム株式会社(オージス総研・三井住友銀行のグループ企業)
本社 : 東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー
設立 : 1972年11月29日
業務内容: 三井住友銀行およびSMBCグループ会社の基幹システムを支え、幅広いお客様にハイレベルなサービスを提供してまいりました。豊かな経験から培ったノウハウ、技術、信頼を基に、会計・人事給与・金融・BPO・セキュリティ・システム運用の強みを軸に、今後もお客様の課題解決をトータルにサポートしていきます。
URL : https://www.sakura-is.co.jp

本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。