配信元:共同通信PRワイヤー

~ドライバーは特に小学生の登下校に注意を~

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)宮城支部(支部長 吉岡 博文)は、県内の学校が再開さされたことを受け、学校の周辺や登下校時の交通事故を防止するため、ドライバーに注意を呼び掛けています。
JAFが行った調査では信号機のない横断歩道において、県内の停止率は7.4%※と約9割以上の車が停止しません。地域によっては、初めて登校する児童は不意に道路に飛び出す可能性もあり、注意が必要です。
信号機のない横断歩道の周辺などでは、いつも以上に思いやりをもった運転を心がけましょう。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006010431-O1-m35q12zR

 ※信号機のない横断歩道実態調査2019
 昨年度等の詳しいデータは下記のJAF公式サイトより参照できます。
 https://jaf.or.jp/common/safety-drive/library/survey-report/2019-crosswalk

<特に注意が必要な場所>
(1)住宅地(見通しが悪い交差点)
(2)学校や公園の周辺
(3)横断歩道や歩道

※交通事故から児童や生徒を守るため、登下校の時間帯は学校周辺の通行をなるべく避けて、安全運転をお願いいたします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006010431-O2-6F8CimKS

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。