配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 84217

台北、台湾, 2020年6月1日 /PRNewswire-AsiaNet/ --

Super Micro Computer、Inc. (NASDAQ:SMCI)は、エンタープライズコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングソリューション、グリーンコンピューティングテクノロジーのグローバルリーダーです。同社は、6月3日(水)にCOMPUTEX 2020 オンライン基調講演を開催します。本基調講演では「インテリジェントエッジ」システムの初公開や、大規模実装のために設計された新しい「CloudDC」サーバーラインナップについてご説明する予定です。



開催概要

* 開催日時:
 ・2020年6月3日(水)午前11:00〜11:20

* 登壇者:
 ・Supermicro社長兼最高経営責任者(CEO)
  チャールズ・リアン(Charles Liang)氏

* 視聴用 URL:
 ・https://www.youtube.com/user/COMPUTEXtv

* 備考
 ・本基調講演は全て英語で実施されます。ご不便おかけしますが、予めご了承くださいませ。



Supermicroは、ネットワークオペレーターがアプリケーションと分散型エッジを開発するため、堅牢なクラウドプラットフォームが必要であることを早期に認識しました。これは、5Gコアネットワーク機能がパブリッククラウドと密接に接合し、それによって支えられるため、特に重要です。Supermicroの次世代デュアルプロセッサーである「CloudDC」サーバーは、1Uおよび2Uサーバーでの複数のストレージオプション、最大4つの100GbEポート用のデュアルOCP 3.0準拠AIOMスロット、Open BMCのサポート、SATA3、SAS3、またはNVMeストレージドライブに対応するために設計されたオールハイブリッド・バックプレーン、ハイパースケール環境向けに最適化されたシンプルなアーキテクチャなどを特徴としています。



Supermicroの社長兼最高経営責任者(CEO)であるチャールズ・リアン(Charles Liang)は、次のように述べています。「5Gインフラにおけるすでに強固な地位と『CloudDC』サーバーの初公開により、Supermicroはエッジからクラウドまで、最適化された次世代システムをお客様に提供します。この組み合わせは、SupermicroがNEBS(ネットワーク装置構築システム、以下「NEBS」)や市販の検証済み通信ソフトウェアを通じて、オープンソースNFV(ネットワーク機能仮想化)準拠のソリューションをサポートし、弊社のサーバーとストレージのBuilding Block Solutions(R)で駆動している企業に、x86ベースシステムへの継続的な取り組みを示しています。」



Supermicro CloudDCサーバーは、数多くのユースケースに優れた価値を提供します。「CloudDCサーバー」は、プライベートクラウド向けの柔軟なストレージと拡張、NVMe-oF、迅速な実装、簡単なメンテナンス、高いスケーラビリティを備えています。5G/電気通信業界では、「CloudDC」システムはNEBSレベル3対応に設計されており、DU、CU、コアなどのO-RAN仮想化ネットワーク要素をサポートし、FPGAアクセラレータカードも搭載しています。このプラットフォームは最大4つのGPUアクセラレータカードをサポートし、ディープラーニングトレーニングと推論、データ分析、グラフィックス、高性能コンピューティングを処理できます。



Supermicroは、今年初めに、市場初となる屋外用エッジシステムを発表しました。これらのIP65準拠エンクロージャー構成サーバーは、5G無線アクセスネットワーク(RAN)、AI推論、その他のインテリジェントエッジフォーカスアプリケーション用に最適化されています。これらの新しいシステムは、過酷な屋外環境に最適で、オープンソースソフトウェアとx86分離型ハードウェアへの業界の動きを支援します。



詳細については、https://learn-more.supermicro.com/computex-2020  を参照してください。



Supermicroの最新ニュースはFacebook ( https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=2817838-1&h=2239551107&u=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2FSupermicro&a=Facebook )、Twitter ( https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=2817838-1&h=492258428&u=http%3A%2F%2Ftwitter.com%2FSupermicro_SMCI&a=Twitter )、Twitter(Japan) ( https://c212.net/c/link/?t=0&l=ja&o=2817838-1&h=895752463&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fsupermicrojapan&a=Twitter(Japan) )でご覧いただけます。



Super Micro Computer, Inc.について



高性能、高効率なサーバーテクノロジーをリードするイノベーターであるSupermicro(R)は、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向けの高性能サーバー Building Block Solutions(R)のプレミアプロバイダーです。Supermicroは「We Keep IT Green(R) 」イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で最もエネルギー効率が高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供しています。



Supermicro、Server Building Block SolutionsおよびWe Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc.の商標および(または)登録商標です。



その他のブランド、名称および商標はすべてそれぞれの所有者に帰属します。



SMCI-F



問い合わせ先: Greg Kaufman, Super Micro Computer, Inc., PR@supermicro.com

(日本語リリース:クライアント提供)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。