配信元:@Press


「みんなのユニオン」は、不当な解雇、雇止め、派遣切り、内定取消に対し無料相談を受付けています。また、組合員からの依頼があれば団体交渉も行なっています。このたび、団体交渉を行い不当な整理解雇案件を解決しました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/iP4YdqLibBL0oEAMXGnE.png


相次ぐコロナ解雇!組合員から寄せられた悩み


新型コロナウィルスが日本で発見されてから、実に4か月以上が経過しました。
緊急事態宣言が5月25日に全国で解除されましたが、北九州では「コロナ第二波」と囁かれるほど新規感染者が増加しています。
まだまだコロナに対して、油断はできません。
油断ができないのは、「コロナ不況」に対してもです。
コロナは経済にも大きな影響を及ぼし、いまなお倒産、休業する企業が増えています。
それに付随して増加するのが、失業者です。
みんなのユニオンでは、不当な解雇に対する無料相談を行なっています。
このたび、お寄せいただきましたのは、「整理解雇された」という女性からの相談でした。


コロナによる支社閉鎖!働きたいのに解雇された!


※プライバシー保護のため内容を一部変更しております。
T県に本社がある、物流業のR社にお勤めのBさん(仮名)は、同県の支社で正社員として働いていました。
Bさんは昔からその仕事に就きたくて、採用倍率が低い就職合戦を乗り切り、なんとか内定を勝ち取ったのです。
そのため、Bさんはその仕事に対し日々熱意を注ぎながら取り組んでいました。
しかし、世間はコロナ禍で不況真っただ中。
コロナ解雇という言葉もニュースやSNSで聞いていたため、
(私の会社は大丈夫よね……)
と思いながらも、多少の不安を抱いていました。
そして、ある日、その不安が的中します。
「コロナによる経営不振で、支社を閉鎖することになった」
4月17日、支社をまとめる上司から突如宣告され、しかも、従業員全員にあるものが配られました。
それは、5月20日付で退職することが記された「退職勧奨通知書」でした。
「経営不振じゃ、しょうがないよな」
「就活大変だけど、閉鎖じゃなぁ……」
同僚から漏れ聞こえる声。いずれも、不服ながらも受け入れるものでした。
そんな声を聞きながら、Bさんは思います。
(10年以上この会社で働いてきたのに、この仕打ちはひどい……)
(好きな仕事だから続けたい……退職したくない!!)
Bさんは、その思いを上司に伝えました。
「退職したくありません。支社が閉鎖されるなら、本社で仕事をさせてください」
そう、R社は一社だけではありません。支社が閉鎖されるなら、本社で働かせてもらえばいいだけのこと。
しかし、上司の答えは望みを打ち砕くものでした。
「本社も人が余っているから、退職してもらうしかない」
Bさんは絶望します。
その後も、退職勧奨に応じない姿勢を示したところ、今度は正当な解雇だとR社は言い出しました。
(解雇されたくない。仕事を続けたい……!)
困ったBさんがインターネット検索で辿り着いた先が、「みんなのユニオン」でした。


ユニオンと会社の交渉!そして解決金獲得へ


4月25日、Bさんから相談を受けた当ユニオンは、さっそく内容証明郵便を送り異議を申し立てました。
その内容は、
・勝手に解雇はできない
・本社で働くことができる
・Bさんには就労の意思がある
というものです。
今回のケースは整理解雇にあたるため、次の4要件を満たしていないと違法になります。
<整理解雇の4要件>
1.人員削減の必要性
2.解雇を回避する努力が尽くされている
3.解雇される者の選定が合理的
4.事前に説明・協議を尽くされている
また、不当な解雇に対処するためには
①異議
②就労の意思
を早急に会社へ伝えることが大切です。
これらを伝えることにより、「退職・解雇に納得していないこと」、「引き続き同会社で働く意思があること」を明確に会社に示し、違法解雇であることを訴えます。
内容証明郵便を受け取ったR社から返答が来て、当ユニオンは交渉を開始。
Bさんは、当ユニオンに依頼された当初「復職」を希望されていましたが、会社の対応に嫌気がさしたため、解決金を得て次のステップに進むことを決断していました。
何度目かの交渉の末、45万円の解決金で和解が成立しました。
和解成立後、Bさんはこう話しています。
「長年働いていた好きな仕事を失うのは辛いけど、今回解決金も得られましたし、また前向きに頑張っていこうと思います」


不当解雇でお悩みの方の味方です!みんユニの活動


このたび、当ユニオンは整理解雇案件について、Bさんに解決金を獲得してもらうことに成功しました。
Bさんの喜びの声を聞き、ユニオンスタッフ全員がお役に立てたことをとても嬉しく思っています。
みんなのユニオンは、「無料オンライン労働組合」として以下のような特徴があります。
・組合費永年無料
・47都道府県どこからでも加入可能
・脱退自由
・組合の手伝い義務など、あらゆる負担なし
また、不当な解雇、雇止め、派遣切り、内定取消、セクハラに関し、無料相談を受付けています。
内定取消の撤回、解決金の獲得にも成功した実績があり、寄せられるお悩みの声は続々と増え続けています。
パワハラ、ブラック企業の待遇など、不当解雇等以外のお悩みには、企業に調査と是正を要求する通知書を無料で送付することも可能です。
職場環境にお困りの方、不当解雇等でお辛い思いをしている方は、まずはお気軽にご連絡ください。


ユニオンに連絡する : https://uaas.jp/


また、当ユニオンはYouTubeでも活動しています。
YouTubeで活動する目的は2つです。
①活動報告等をすることにより社会に問題提起する
②同じようなお悩みをお持ちの方に解決のきっかけを示す
ためになる法律解説もしております。
動画の一部を掲載しますので、ぜひご覧ください。



YouTube動画 :
https://www.youtube.com/watch?v=SfQiCLQp5Ac



YouTube動画 :
https://www.youtube.com/watch?v=tXzJXHONgw8



YouTube動画 :
https://www.youtube.com/watch?v=ldvFRPs4hkw


お問い合わせ


【みんなのユニオン】
・組合費永年無料
・47都道府県どこからでも加入可能
・加入はオンラインでのご記入だけ(3分程度)
・脱退自由
・組合の手伝い義務など、あらゆる負担なし
ホームページ:https://uaas.jp/
メールアドレス:info@uaas.jp
電話番号:050-3184-3552
(24時間365日受付:※休日夜間は受付専用となります)
担当者:細谷




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。