配信元:@Press

東京発―MediaTek Inc.(本社:台湾新竹市 、以下MediaTek)は本日、スマートフォン向けのSoC、Dimensity 5Gファミリーの日本での販売を開始することを発表します。MediaTekは、長年に渡りチップセット技術を蓄積し、5Gへの飛躍に向けた確固たる基礎を築いて参りました。この過去からの長年の経験が、新たな技術である5Gでも様々なブレークスルーと革新をもたらしています。私たちMediaTekはこの5Gの時代でも技術開発のパイオニアであり続けます。
MediaTekの Dimensityは、プレミアムおよびフラッグシップの5Gスマートフォン向けに、5G接続、高性能なマルチメディア、AI、写真、ビデオ、ディスプレイなどにおける革新的な性能を提供します。全ての技術は7 nmチップ上に完全に統合されており、業界トップの電力効率により、強力な性能でありながら持続的なパフォーマンスを実現します。今回販売を開始するDimensityシリーズは、フラッグシップ向け「Dimensity 1000+」と、プレミアムなユーザー体験向けに最適化された「Premium Dimensity 820および800シリーズ」のラインナップです。
DimensityブランドにはMediaTek独自の5Gテクノロジーが集約されており、キャリアアグリゲーション、デュアル5G SIM、5G NR接続や、ネットワークの状態に応じてモデムのパラメーターをダイナミックに変更し電力効率を最適化するMediaTek独自の“5G UltraSave” 技術が搭載されています。

Dimensity 1000+
フラグシップグレードの「Dimensity 1000+」は、超高速144 Hzディスプレイのサポート、動画再生品質を向上させる「MediaTek MiraVision」、ゲーム機能を強化する「MediaTek HyperEngine 2.0」、およびカメラ機能を強化する「MediaTek Imagiq」など、世界をリードする革新的なテクノロジーが統合されています。
この強力なプロセッサーには、5Gモデム、最大2.6 GHzで動作するArm Cortex-A 77 などで構成された8つのCPU、Arm Mali-G 77で構成された9つの GPU、4.5 TOPS のAI処理能力を持ったMediaTek APU 3.0、最大80MPカメラと4K HDRビデオ録画をサポートするHDR-native ISPなどが含まれ、全ての機能が7 nmのシングルチップ上に組み込まれています。

Dimensity 820
「Dimensity 820」は、8コアのCPUのうち4つを2.6GHz駆動のArm Cortex-A 76コアで構成し、優れたパフォーマンスと応答性を実現することで、競合製品を超える性能を実現します。フラッグシップグレードの5コアGPUおよび120 Hzディスプレイのサポートにより実現される「MediaTek HyperEngine 2.0」は理想的なゲーム体験をもたらします。さらに、このチップには、5Gモデム、「MediaTek APU 3.0」、「MediaTek MiraVision」、「MediaTek Imagiq」、および最大80MPのカメラと4K HDRビデオ録画をサポートするHDR-native ISPなどが搭載されています。

Dimensity 800
「Dimensity 800」は、ミッドレンジの5G スマートフォン向けに高いパフォーマンスを提供します。8コアのCPUのうち4つをArm Cortex-A 76コアで構成し、競合製品を超える性能を実現します。ユーザーは「MediaTek HyperEngine 2.0」および「MiraVision」 で強化された120Hzディスプレイでゲームを楽しんだり、「MediaTek APU 3.0」およびImagiqを組み合わせて実現するマルチカメラスマートフォン向けの豊富なAIカメラオプションを楽しんで頂けます。

Dimensityのもたらす技術革新と業界をリードするテクノロジー
●MediaTekの「5G UltraSave」は、当社独自の5G UltraSave Network Environment Detectionと5G UltraSave OTA Content Awarenessにより、クラス最高の電力効率を実現します。
●ゲーム向け「HyperEngine 2.0」テクノロジー: MediaTekの「HyperEngine 2.0」は、ゲーム向けに強化された機能です。内蔵の5コアGPUと組み合わせ、また必要な最適化を行うことで、ネットワーク遅延を低減し、より高速なレスポンスタイムを実現、ディスプレイ品質を向上させます。また「HyperEngine 2.0」は、CPU、GPU、およびメモリリソースをインテリジェントに調整して、電力とパフォーマンスを最適化します。
●MediaTekの「Imagiq 5.0」: HDRネイティブの画像信号プロセッサ (ISP) は、超大型センサーと最大4つのカメラを同時にサポートしており、お客様にさらなる設計の柔軟性を提供します。
●MiraVisionビデオ再生拡張機能は、4Kビデオおよびストリームの画質を向上させるため、フレームごとの画質調整をリアルタイムで行うAI-PQが含まれております。Enhanced HDR10+ video playbackは、標準のHDR 10+よりも優れた画質を実現するビデオ再生機能で、HDR Composer はSDRビデオおよびストリームをHDR画質にインテリジェントにアップグレードする機能です。

Dimensityシリーズに関する製品情報はこちらをご覧ください(英語のみ): https://www.mediatek.com/products/smartphones/dimensity-5g

MediaTek Inc. について
MediaTek Inc.(台湾証券取引所:2454)は、年間 15 憶台のコネクテッドデバイスを提供しているグローバルファブレス半導体メーカーです。モバイルデバイス、ホームエンターテイメント、コネクティビティ、および IoT 製品向けに革新的なシステムオンチップ(SoC)の開発で市場をリードしています。イノベーションに対する献身的な取り組みにより、電力効率に優れたモバイルテクノロジーや高度なマルチメディアソリューションを含む主要テクノロジー分野で市場を牽引する地位を確立しています。それらの技術はスマートフォン、タブレット、デジタルテレビ、5G、音声アシスタントデバイス(VAD)、ウェアラブル端末、自動車用ソリューションなど幅広い製品において活用されています。
MediaTek は、スマートテクノロジーを通じて、人々が視野を広げ、容易に目標を達成出来るようになることを望んでいます。優れたテクノロジーを誰もが利用できるようにし、企業活動の原動力としています。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。www.mediatek.com



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。