配信元:@Press

株式会社アルプスピアホーム(本社:長野県松本市小屋南1-13-1、代表取締役:石田 正也)は、新たに、注文住宅・自由設計を超えた価値で考える新基準設計『Archi Airs -アーキエアーズ-』ブランドを立ち上げ、2020年6月6日(土)にコンセプトモデルハウスをSBC長野中央ハウジングパーク内にオープンいたします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/214598/LL_img_214598_1.jpeg
アーキエアーズモデルハウス
アーキエアーズ URL: https://www.archi-airs.jp/


■モデルハウス概要
会場 : SBC長野中央ハウジングパーク
アクセス : 長野県長野市西尾張部1030-2
TEL : 026-217-6291
営業時間 : 10:00~17:00
定休日 : 火曜・水曜(祝日は営業)
申込方法 : 下記URLからお申込み下さい
https://www.archi-airs.jp/
※ご予約のお客様を優先でご案内しております


■Archi Airs【コンセプト】
『Long Loved Design』~永く愛されて本物になる~
ふるさと信州で永く暮らすために私達ができること。
住まいに対する価値観や、細部の素材まで徹底的に拘る。
フェイクを一切使わず本物にこだわり、住まいの建築を通し、地元信州の森林を守り、職人の技術を未来につなぐ。
地元工務店としての最終地点を示して行くために、木・人・空気までをもつなぐ、本物の家づくりを極めて。


■Archi Airsに込めた想い
~全てに妥協せず、圧倒的な高水準な住まい~

1.信州の建材で築く“地材地建”へのこだわり
その地域の気候風土で育った木材をつかい、その地域の家を築き上げます。林業に利益を還元し、豊かな森林資材を守る。さらに地域の森を守り育てることで災害対策やCO2削減など環境へも貢献する『ふるさと循環型』の実践でもあります。
木の家のために磨かれ続けた熟練の技術をも継承するAge Heritage<時代への遺産>となるべき住まいです。

2.建築家の感性が息づくデザイン性
木造建築を革新するためにプロの知恵と技術を結集。
住宅の設計は、木の家の可能性を広げる新進気鋭の建築家 石田 伸一氏が担っております。施工は、木材建築を知り尽くした匠の技の職人集団 槙の木一級建築士事務所、そして戸建住宅の供給数信州NO.1の地元ビルダーAPHグループ(株式会社アルプスピアホーム)が総合プロデュース。まさにプロフェッショナルの知恵が結集した妥協のない住まいです。

3.地域密着型の緻密なサポート
設計・施工から最大60年に渡る長期保証をはじめ、アフターサービスを徹底すること。地元信州の企業として、常に目が届き、手の届く距離であること。何世代にもわたって住み継がれる家を緻密なサポートでお届けします。

4.暮らしを永く守る圧倒的な強さ
住まいに求められる強さや快適さといった基本性能は、仮にどれかが突出して優れていたとしても別の要素に不備があればまったく意味をなしません。超耐震、超高気密、最高断熱な設備仕様は業界トップのメーカーに匹敵するレベル。全てに高度なスペックを備え、トータルバランスの優れた資産価値の高い住まいをお約束いたします。


■株式会社アルプスピアホームについて
株式会社アルプスピアホームは、長野県内工務店着工ランキング1位の実績があり、松本・長野・上田・諏訪など全6店舗展開しております。
「信州に根差した暖かな家造り」+「未来基準をフル装備」という思いから、創業以来「信州で家を造ることを極める」を探求しつづけ、地元工務店だからこそ出来る「信州の気候風土を活かした暖かな住まい」を実現してきました。
寒暖差の激しい、厳しい気候風土の信州で「冬暖かく、地震や大雪に強く、長持ちし、ご家族が安心、安全、健康、快適に過ごせる家造り」を追求し、ご提供しております。
※工務店着工数に関する参照元:住宅産業研究所調べ/ビルダーズランキング


■会社概要
商号 : 株式会社アルプスピアホーム
所在地 : 〒399-0038 長野県松本市小屋南1-13-1
代表者 : 代表取締役 石田 正也
設立 : 平成11年6月
事業内容: 一般注文住宅、建築、及び、リフォーム工事 不動産事業・グリーン雑貨店
資本金 : 5,000万円
URL : https://www.a-p-h.co.jp/
URL : https://www.aph-group.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。