配信元:@Press

家具などの企画デザイン及び製造施工を行う株式会社アールクロスラボ(本社:東京都新宿区、代表取締役:西川 律子)は、オフィスのデスクや自宅のダイニングテーブルなどで使用する持ち運び可能な天然木のパーテーション「JIBUN ADDRESS」を、2020年6月20日(土)に販売開始します。
前や横の人とのスペースを分けることで「わたしだけの場所や時間」を創出します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/213703/LL_img_213703_1.jpg
JIBUN ADDRESS 開いた状態

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、多くの方々の暮らしが変わり、“新しい生活様式”が誕生しました。ソーシャルディスタンスが日常となり、他者との適度な距離感を取ることが必要とされています。
本商品は程よい距離感で、家族、あるいは同僚との間隔を保ちつつ、飛沫を防ぎ、また人と人とのコミュニケーションを分断しない最小の間仕切りとなっております。


◇開発の背景
この商品は、日本の伝統的な住宅様式から着想を得ています。日本の気候に適した自然素材を用い、部屋同士や屋外との建具として壁ではなく「間仕切り」を利用しました。間仕切りは、気配を感じつつもプライバシーを確保することができる道具で、外部からの視線を遮りながら、個々の空間を作ることができます。日本の伝統であり日本の空間づくりの思想です。


◇商品の特徴
JIBUN ADDRESSはヒノキでできています。天然木は、私たちにひらめきと癒しを与えてくれます。癒しの科学的側面を一言でいうと「鎮静」 木に含まれる精油がもたらす香りはストレスで高まった交感神経を抑え、また副交感神経が有意に高まり、集中力が高まり、疲労回復が早くなります。JIBUN ADDRESSはその天然木の良さをふんだんに味わっていただくため、敢えて内装において一切塗装をしていないため、ほっとする香りを楽しむことができます。また手触り感を大切にするため、外装もナチュラルな塗装に仕上げています。


■用途(一例)
〇フリーアドレスのデスクに自分のスペースを
前や横の人とのスペースを分けることができます。

〇ダイニングテーブルがあっという間に趣味のクリエイティヴスペースに
趣味に没頭したいとき、ちょっとしたお籠り感が集中力を高めます。

〇お子様のリビング学習に
最近は、適度な物音は集中力を上げる効果があること、親との程よい距離感のダイニングが、リビング学習のメリットとしてトレンドになっています。

〇いつものリビングやダイニングが即席のワークスペースに早変わり
家族の集まる、ダイニングやリビングで、自分だけの集中する時間を可能にします。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/213703/LL_img_213703_6.jpg
勉強や仕事の集中に

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/213703/LL_img_213703_7.jpg
使用シーン

■仕様
名称 : JIBUN ADDRESS(ジブンアドレス)
販売開始日: 2020年6月20日
販売料金 : 35,000円(税別)
サイズ : W:500mm×H:400mm×T:100mm ※折りたたみ時
カラー : ナチュラル(檜)
素材 : 本体素材/国産檜
蝶番・パッチン錠・その他金具/鉄
持ち手/木製・本革(赤茶)・本革(こげ茶)
販売方法 : 予約販売、受注生産
URL : https://www.rcrosslab.com/product

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/213703/LL_img_213703_5.jpg
パーツ説明


■会社概要
商号 : 株式会社アールクロスラボ
代表者 : 代表取締役 西川 律子
所在地 : 〒1620821 東京都新宿区津久戸町1-1 LUCERE403
設立 : 2017年12月
事業内容: 内装や家具、プロダクト等の企画デザイン及び製造施工
資本金 : 9,900,000円
URL : https://www.rcrosslab.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。