配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202006030517-O1-P0jm32Sx

AsiaNet 84209

【香港2020年6月3日PR Newswire】
香港航空は安全を第一に考えます。お客様に安心して旅のご予約いただき、そしてご搭乗いただけるために以下をご案内いたします: 

フレキシブルに、 変更手数料は無料

香港航空の Flexi 運賃でご予約いただきますと、ご旅程が2020年12月31日まで無料で変更(回数制限無し)いただけます。詳細は www.hongkongairlines.comをご覧ください。

フェイス カバーの着用 

香港航空便ご搭乗のお客様はフェイス カバーもしくはマスクの着用が必要となります。チェックイン時、搭乗時、機内 (飲食中、または緊急時の乗務員からの案内時を除く)、降機時に必ず着用ください。また、空港内での移動の際も着用をお勧めいたします。詳細に関しましてはこちらをご覧ください。 

 
チェックイン及びご搭乗

香港航空にご搭乗のお客様はご出発予定時刻の24時間前までにオンラインでのチェックインをお勧めいたします。セルフサービスチェックイン機は現在香港もしくは北京ご出発時にご利用いただけます。

衛生的な環境を提供するめに、空港の香港航空チェックインエリア、発券カウンター、乗り継ぎカウンター及び搭乗ゲートでは消毒液を用意しています。 

特にチェックイン時、搭乗時、降機時を含め、常に1.5メートルのソ―シャル ディスタンスを保つことお勧めいたします。

空港でチェックインをされるお客様でご連絡先をまだお預かりしていないお客様には確認をさせていただきます。 これは保険当局が必要時に利用いたします。

規制条件に準じ、中国本土への便の搭乗口での体温チェックをさせていただきます。

機内へのご搭乗の際は混雑を防ぐために列ごとにご案内いたします。 また、ボーデイングパスはご自身でスキャンしていただきます。

 
機内

航空機の客室には高性能エアフィルター(HEPA)を装備しています。これにより、機内の空気を可能な限り清潔に保っています。

香港航空は追加予防策として洗浄強化プログラムを整えています。認可された航空機の洗浄及び消毒製品を用いてお客様及びスタッフの触れる部分の消毒を実施しています。 
お客様が座席のエリアの拭き取りをご希望の際には消毒拭き取りをさせていただきます。

機内での密を最小限に抑えるため、機内ケータリングサービスを含む機内サービスは一時中断させていただいています。 


降機
 混雑を避けるため、列ごとに降機のご案内をさせていただきます。乗務員の指示をお座席でお待ちください。

 
香港航空のチーム

弊社のスタッフはお客様に安心してサービスをご利用いただけるよう心掛けています。空港のスタッフ及び乗務員は体温チェックを受けることを義務付けられ、勤務時にはマスクと手袋など職務中に装備するケアパックが渡されます。消毒及び洗浄製品も必要に応じて置かれています。

 香港航空のDirector of Service Delivery, Chris Birt氏は述べる。“香港航空は最高レベルの安全性とカスタマーサービスを提供して参ります。当社が実施している対策は規制条件に準じているだけではく、業界の推奨事項にも適合し、乗客の皆様と従業員の安全を確保してまいります。

 
香港航空は今後も関係各社や空港と連携し、安全対策を見直し、改善していきます。また、安全に香港航空での旅をしていただけますよう、お客様のご協力をお願いしたいと思います。近々皆様を機内でお迎えできることを楽しみにしております。”

画像写真はこちらから: https://bit.ly/2M2yU9Z

 
香港航空について
2006年に設立し,香港を拠点としているフルサービスを提供している航空会社です。日本7都市(沖縄、東京、大阪、札幌、岡山、米子、鹿児島)から香港へ、そしてその先のアジア・パシフィック主要25都市へと運航しています。現在91社とインターライン及び19社の航空会社やフェリー会社とコードシェア提携をしています。世界の航空会社の中でも新しい機材で運航している一社であり、2011年以来Skytrax 4つ星として認定されています。 詳細につきましてはwww.hongkongairlines.com もしくはLinkedin, Twitter, Instagram, Facebook をご覧ください。

(日本語リリース:クライアント提供)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。