配信元:@Press

工業用間接資材※2通信販売最大手の株式会社MonotaRO(モノタロウ)は2020年6月4日(木)に、プライベートブランド(PB)より作業着スーツを販売開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/214711/LL_img_214711_1.jpg
作業着スーツ 上下(ネイビー)

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/214711/LL_img_214711_2.jpg
作業着スーツ 着用例

写真左:作業着スーツ(ジャケット/パンツ)ネイビー
写真右:作業着スーツ(ジャケット/パンツ)チャコールグリーン


この度販売開始する作業着スーツは、製造業やサービス業での現場作業をはじめ、オフィスワークや出張時など、様々な働くシーンにおける着用時に快適な着心地と機能性を実現する次世代型の上下ワークウェアです。ジャケット/パンツともに国産特殊構造加工糸「LUXTRIMA(R)※1」と導電性複合繊維生地を採用することで伸縮性、耐久性、軽量性に優れ、また静電気抑制も実現しています。はっ水加工仕様で速乾性も高く、洗濯機での丸洗いができるため毎日でも清潔に着用することが可能です。
サイズはM、L、LLの3種類、色は落ち着いたチャコールグリーンとフレッシュなネイビーの2色をご用意し、アパレルデザイナー監修による高いデザイン性とプロユーザーも納得の品質を実現しながらも、販売価格はジャケットが9,990円(税別)、パンツが6,990円(税別)とし、低価性も追及しています。

当社では今後も、安価で品質の高いPB商品の拡充を進め、効率的な購買プラットフォームの提供を追求し、ユーザー利便性の拡大・強化を図ってまいります。


●株式会社MonotaROについて
(本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:鈴木 雅哉、URL: https://www.monotaro.com/ )
切削工具や研磨材などの工業用資材から自動車関連商品や工事用品、事務用品に至るまで、現場・工場で必要とされる製品1,800万アイテムを販売しています。2020年5月11日現在の登録ユーザー数は、約456万。2006年12月、東証マザーズ上場。2009年12月、東証一部上場。2019年度の12月期の売上高は1,314億円。2020年度の12月期の売上高予想は1,564億円。


※1 LUXTRIMA(R)は、しなやかなクリンプ形成による特殊構造加工糸を指し、柔らかく天然繊維に近い自然な風合いと適度なストレッチパワーによりポリウレタンにはない耐久性と軽量化を実現したストレッチ素材のことです。
※2 工業用間接資材とは、製造業の現場における資材のうち、最終製品になる原材料や部品などの“直接資材”を除く全ての資材を指し、切削工具や研磨材などの工作用資材から梱包・補修・清掃・安全・事務用品まで多岐にわたります。


【作業着スーツ商品詳細と特長】
商品名 : 「作業着スーツ ジャケット ストレッチ 洗濯可 撥水 制電」
商品ページURL: https://www.monotaro.com/g/04525536/

商品名 :「作業着スーツ パンツ ストレッチ 洗濯可 撥水 制電」
商品ページURL: https://www.monotaro.com/g/04525482/

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/214711/LL_img_214711_3.jpg
作業着スーツ 表組

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/214711/LL_img_214711_4.jpg
作業着スーツ 特長

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/214711/LL_img_214711_5.jpg
作業着スーツ 使用例1

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/214711/LL_img_214711_6.jpg
作業着スーツ 使用例2

※販売価格は予告なしに変更される場合がありますのであらかじめご了承ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。