配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 84258 (0877)

【シアトル2020年6月5日PR Newswire=共同通信JBN】
*3億人以上の子供たちを病気から守り、新型コロナウイルスの被害を抑えるため 世界各国からの代表者たちが団結

ビル&メリンダ・ゲイツ財団(Bill & Melinda Gates Foundation)は4日、世界最貧国に救命ワクチンを提供するため、Gaviワクチンアライアンスへ5年間で16億ドルの拠出を行うことを発表した。同拠出は、英国ボリス・ジョンソン首相が主催する、グローバル・ワクチン・サミット2020で発表された。

Gaviの次期戦略期間のために確保されたこの資金により、世界で最も脆弱なコミュニティーにおける3億人の子供たちが支援を受け、最大800万人の命が救われることとなり、Gaviのサポートで予防接種を受けた子供たちの総数は2000年の設立以来10億人を超えることになる。

Gaviは、現下のコロナ危機における定期的な予防接種サービスの継続を支援することに加えて、パンデミックを終わらせる取り組みの中で重要な役割を果たし、20年にわたるワクチンの展開実績を活かし、新型コロナウイルスのワクチンが開発されれば最貧困国の人々にワクチンを届ける。

「グローバルヘルス分野以外で、Gaviのことを知る人の数は少ないと思う。しかしGaviは過去20年にわたる活動において、子供たちの健康を守るための世界の投資方法に変革をもたらしてきた」と、共同議長のメリンダ・ゲイツ氏は述べ、 「現在のパンデミックを通じ再び認識したことがあるとすれば、致命的な病気に対するワクチン接種の重要性に他ならない。本日、世界各国からの代表者たちが発表した支援により、Gaviがさらに多くの子供の命を救うことになる」とした。

Gaviは、発展途上国の政府、ワクチン供給者、ドナー、および世界中の他のパートナーと緊密に連携して、非常に大きな成果を上げている。 しかしそれでもなお、2018年時点で10人に1人の子供が基本的なワクチン接種を受けられずにいた。さらに新型コロナウイルスは、医療システム、サプライチェーン、医療従事者のコミュニティへの安全なアクセスを妨害している。これにより、他の病気のワクチン接種を受けられないでいる数百万人の命が危険にさらされている。

「新型コロナウィルスの感染拡大に打ち勝つためには、画期的な科学技術以外に必要なものがある。それは、画期的な寛大さだ。本日集まったジョンソン首相含む官民の代表者たちが、一体となってGaviを支援することは、その一例である」と共同議長であるビル・ゲイツ氏は述べ、「新型コロナウイルスのワクチンが開発され次第、この資金と各国間の協力により、世界中の人々が確実にワクチンにアクセスできるようになる」と語った。

財団はGavi が設立されて以降、20年以上にわたって支援してきた。 Gaviは、世界の途上国の7億6000万人の子供たちにワクチンを届け、1300万人もの子供たちの命を救い、支援国の子供の死亡率は半分に減少した。

Gavi理事長のンゴジ・オコンジョ=イウェアラ博士は、次のように述べた。「新型コロナウイルスのパンデミックは世界中のワクチン・プログラムを妨害し、甚大な経済的損失を引き起こしており、私たちは歴史上もっとも厳しい時代を迎えている。今回の支援は、ワクチンがあれば予防が可能となる重大な疾患を防ぐための各国の取り組みを支援する上で重要な役割を果たすだろう」

ゲイツ財団はまた、新しいCOVID-19ワクチン・アドバンス・マーケット・コミットメントを通じて低所得国向けの新型コロナウイルスワクチンを購入するというGaviの新しい取り組みに1億ドルを拠出している。これには、本日発表された5000万ドルの新たな資金調達、および本年5月EU主催新型コロナウイルス・グローバル対応サミット(プレッジ会合)で発表された5000万ドルの支援が含まれる。 今回の支援には、2020年1月に発表されたGaviマッチングファンドへの7500万ドルも含まれている。

高解像度写真とBロールのビデオ映像は、こちらからダウンロードできる。http://gatesfoundation.isebox.net/bmgf_vaccines/gavi-replenishment-june-4-2020

▽ビル&メリンダ・ゲイツ財団とは
ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、すべての生命の価値は等しいという信念の下、すべての人々に健康的かつ豊かな生活を送るための支援をおこなっている。 発展途上国では、人々の健康を改善し、飢餓と極度の貧困から脱却する機会を与えることに重点を置いている。 米国ではすべての人々、特にリソースが最も少ない人々が、学校や生活で成功するために必要な機会を得られるようになることを目指している。 米ワシントン州シアトルを拠点とする当財団は、ビル・ゲイツ、メリンダ・ゲイツ両氏およびウォーレン・バフェット氏の指揮の下、最高経営責任者(CEO)のマーク・スズマン氏と共同議長のウィリアム・H・ゲイツ・シニア氏が率いている。

▽問い合わせ先
media@gatesfoundation.org

ソース:Bill & Melinda Gates Foundation

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。