配信元:@Press

合同会社インスタントゼロは、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた絵本作家「山本まもる」の刊行記念絵本原画展を2020年7月7日~7月28日、神保町ブックハウスカフェにて開催することが急遽決定したことをお知らせいたします。

「ボローニャ国際絵本原画展」はイタリアの古都ボローニャで毎年春に開催される児童書専門の見本市。世界三大ブックフェアの一つでもある「ボローニャ・チルドレンズ・ブックフェア」が主催する児童書のイラストレーションを対象にした国際コンクールで、新人絵本作家の登竜門として知られています。
2020年に還暦を迎える今世界が注目する遅咲きの絵本作家「山本まもる」は2017年の「ペロずきんちゃん」に続き、2020年も入選を果たしました。さらに2020年6月22日には小学館より絵本第3弾「ペロずきんちゃん いちごがペロペロボワ~ン」を刊行。どこか懐かしい温かみのある「山本まもる」の作品は、小さなお子様からご年配の方まで老若男女を問わず幅広いファンが多くいらっしゃいます。
第1弾から第3弾の作品を週替わりに展示するスペシャルバージョンは必見。原画展限定のポストカードやパネル原画、ペロずきんちゃんグッズも販売。またオンラインイベントも開催予定です。
詳しくはこちら: https://bit.ly/2ZfuEKB

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/217721/LL_img_217721_1.jpg
絵本ペロずきんちゃん

▼山本まもる
1960年東京都生まれ
桑沢デザイン研究所卒
日本グラフィック展激励賞などを受賞
書籍や広告のイラストレーターとして活躍する。
2014年ペロずきんちゃんを発想。webやアート展、グッズなどへ展開して次第に人気が高まり。2017年ボローニャ国際絵本原画展に入選を経て、2019年「ペロずきんちゃん」小学館から発売。同年11月に「どうぶつえんそく」2020年「いちごがペロペロボワ~ン」計3作を発売。絵本作品に「うちのここんなこ」赤ちゃんとママ社「メリーゴーランドのちいさなうまタイニー」幻冬舎など。2020年ボローニャ国際絵本原画展に再度入選。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/217721/LL_img_217721_7.jpg
2017年入選作
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/217721/LL_img_217721_8.jpg
2020年入選作
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/217721/LL_img_217721_9.jpg
2020年入選作
*各年入選作5枚から抜粋
2020年入選作は2020年8月22日からの板橋区立美術館(東京都)を皮切りに、四日市市立博物館(三重県)、石川県七尾美術館、太田市美術館・図書館(群馬県)を約半年かけて巡回したのち、2021年韓国、中国でも展示される予定です。

現在ペロずきんちゃんTwitter公式アカウントにてフォロー&リツイートキャンペーンを実施中(7月6日締め切り)。抽選で3名様に作者 山本まもるのサイン入り絵本とペロずきんちゃんからのお手紙をプレゼント!
応募はこちら: https://twitter.com/littlepero/status/1274883007745155074?s=20


【山本まもるホームページ】
https://www.mamoruyamamoto.com/
【ペロずきんちゃん公式ホームページ】
https://www.perozukin.net/
【ペロずきんちゃん公式LINE】
https://lin.ee/ZeBUmDh
【ペロずきんちゃんグッズショッピングサイト】
https://plussecret.official.ec/4


<合同会社インスタントゼロ>
ホームページ: https://www.instant0.company/
設立 : 2019年8月7日
事業内容 : 版権管理・商品化管理・プロモ―ション
代表社員 : 山本護(やまもとまもる)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。