配信元:@Press

「薬屋ふくべ」(所在地:岡山市、代表者:服部 雄志)は、コロナ禍で妊活に不安を抱えている患者さん向けに、オンラインで安心してカウンセリングを受けられる「オンライン不妊相談」を2020年7月15日からスタートいたします。
昭和48年創業薬店の「薬屋ふくべ」は妊活食堂などを展開しています。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/217640/LL_img_217640_1.jpg
オンライン不妊相談

■「薬屋ふくべ」について
「薬屋ふくべ」は、これまで不妊で悩む患者さん向けの子宝セミナーや多くのメディアで紹介された「妊活食堂(R)」など様々な妊活イベントを手がけ、ご相談者の妊娠率は80%以上を誇っております。
そして新たに、「通院は新型コロナウイルス感染が気になる」「病院などで人と直接会うのはなるべく避けたい」というお悩みに応えるため「オンライン不妊相談」サービスをスタートすることとなりました。


■妊娠率80%以上、コロナ禍でも安心して妊活をオンラインカウンセリングで不安・疑問を解消
6カ月間のカリキュラムで、毎月の動画セミナー・受講生同士のコミュニティーフォーラム・月に一度のZOOMカウンセリングによる3本柱の構成となっており、コロナ禍でも安心の非面談で相談が可能です。
毎月の動画セミナーでは最新の不妊治療情報や身体づくりのための基礎知識、妊娠に向けて推奨したい生活習慣や、逆に避けたい生活習慣などを細かく解説します。
受講生同士によるコミュニティーフォーラムでは妊活における不安やお悩みを話し合うことでストレスの解消を、また動画セミナーで学んだことをアウトプットすることで生活習慣実践の継続と定着を図ります。
月に一度のZOOMカウンセリングでは「薬屋ふくべ」店主の服部雄志がマンツーマンで60分かけて今現在の疑問やお悩みを解決していきます。
子どもを授からないというお悩みは皆さん共通ですが、その原因は十人十色です。なかには妊活や子どもを持つということに対する夫婦間のスタンスのズレが最大の悩みという方も珍しくありません。そうした部分のケアにはお顔を拝見しながらカウンセリングすることが欠かせません。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/217640/LL_img_217640_2.jpg
店主

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/217640/LL_img_217640_3.jpg
店舗

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/217640/LL_img_217640_4.jpg
セミナー


■カウンセリングで涙を流される方も 妊活は不妊治療だけでなくストレスケアも重要
不妊は病気ではないので、治す薬というものがありません。また不妊治療を受けているということを話せないストレスも皆さん抱えておられます。
この「治らない」「話せない」という悩みは、同じ病院に通っている患者さんには共通のはずですが、コロナ禍でお互いに会話をして分かり合うことも難しくなっています。
「オンライン不妊相談」では患者さんのストレスケアを重要視して、コロナ禍状況下でも病院での不妊治療の効果を最大限に高められるような取り組みを行います。


■「薬屋ふくべ」が提供する主なサービス内容
・妊活食堂(R)での妊活定食の試食
・生活習慣病相談
・子育てサンサン広場の開催
・薬屋さんのオーガニックマルシェ【薬屋ふくべのサン・マルシェ】開催

【オンライン不妊相談お申し込みURL】
https://online-course.jp/course/fukube-online

【公式サイト】
https://www.sunsun-fukube.com/

【妊活専用サイト】
http://www.fukube.info/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。