配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007081783-O1-60Ele0bn

 
AsiaNet 84484

【台北2020年7月8日PR Newswire】

・ すべての光HDMI 2.1ケーブル向けの初の包括的かつ完全準拠のICソリューション
・ 型番:ATLX-HT21、ATLX-HR21、ATLX-HL21
・ HDMI2.1規格のみならず、HDMI2.0およびHDMI1.4までをカバーする下位互換性
・ 最大限のエネルギー効率生み出す低消費電力と待機モードが特徴

光学技術・エレクトロニクス技術の革新的企業であるArtiluxは、CMOSテクノロジーに基づく世界初のHDMI 2.1完全準拠の完全光伝送用ICによるConnect Seriesを公開する。データ転送スピード、ハンドシェイク、プロトコルは、HDMI 1.4から2.1までをカバーし、HDP、DDC、HDCP、CEC、ARC/eARCに準拠し、光速接続を実現している。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200619/2835990-1

Artiluxによるデモンストレーション。
世界初の完全光伝送HDMI2.1に準拠したICを搭載した300mのHDMI2.1光ケーブルを使い8K TVに動画を投影した

発売予定のPlaystation 5、Xbox Series Xなどのゲーミ機をはじめ、エンターテインメント、eスポーツなどのコンテンツリッチ業界は、大規模コンテンツを4Kや8Kテレビにリアルタイム送信を要求する主要な市場である。商業ビルで使用される集中型のマルチディスプレーシステムだけでなく、一般消費者向けの大規模動画データイや音声データ転送を最もコスト効率的で、かつエネルギー効率的に提供することができる長く、軽量、かつ柔軟な光ケーブルに対する需要が本格化している。

Artiluxの完全光伝送HDMI 2.1準拠したICは、最新のHDMI2.1規格からHDMI2.0およびHDMI1.4の下位互換性に及ぶ複数の光伝送スピードをサポートする。この複雑なセキュリティーおよびハンドシェイク・プロトコルのコントロールはすべて光伝送で行われる。待機モードにおける超低消費電力の実現によるエネルギー効率の最大化が、このICの最大の特徴である。このオールインワンパッケージは次世代データ通信を促進し、従来型のB2BおよびB2C市場におけるバンド幅の隔たりを埋めるだけでなく、これまで高額だった光伝送を民生用に手ごろな価格で提供することを目指している。

Artiluxについて

Artiluxは広波長帯域3Dセンシングおよび通信を実現する高度な光学技術フロンティアを追求するテクノロジー企業である。基盤技術の推進とTSMCとの協業により、Artiluxは多くの分野におけるAI時代の新しい幕開けを実現する世界初の広波長帯域3Dイメージセンサーを開発しただけでなく、高速光通信の分野においてもコスト効率に優れた包括的なソリューションを提供している。Artiluxは、モバイル分野、自動運転、インダストリー4.0などにおける未来のテクノロジー進化の先導者になることを目指している。ウェブサイトwww.artiluxtech.com を参照。

問い合わせ先
info@artiluxtech.com

ソース:Artilux

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=365766

Caption: "Artiluxによるデモンストレーション。世界初の完全光伝送HDMI2.1に準拠したICを搭載した300mのHDMI2.1光ケーブルを使い8K TVに動画を投影した"

 
(日本語リリース:クライアント提供)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。