配信元:@Press

株式会社ラクロー(本社:東京都世田谷区、代表取締役:岩崎 奈緒己、以下「当社」)は、PCログ等の客観的な情報を元に記録した労働時間を、「どの業務にどれだけ時間を使ったのか」といった工数の配分入力・集計を効率的に行える「工数管理機能」の提供を2020年7月8日(水)に開始します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/217908/LL_img_217908_1.png
打刻レス勤怠管理サービス「ラクロー」

■ラクローの工数管理機能の概要と特徴
主にソフトウェアの資産計上やプロジェクト毎の収支管理をしたい企業向けに、「どの業務にどれだけ時間を使ったのか」記録・集計を可能とするサービスです。

【特徴(1)】1ヶ月分が1ページで完結する入力画面で、従業員の手間を軽減
従業員が手間なく入力できるよう、1ヶ月分を1ページで入力できるよう、シンプルなUIを実現しました。また、「前回入力した比率のコピー」等の入力補助機能も実装しています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/217908/LL_img_217908_2.png
従業員の工数入力画面

【特徴(2)】PCログ、カレンダーを見ながら工数入力できるUI・UX
ラクローの工数管理機能は、PCログやカレンダー(Google カレンダー、Microsoft Office 365 予定表)等の情報を見ながらプロジェクト毎に時間の配分が可能になるため、形骸化しがちな工数入力を、「正確に・効率的に」実現できます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/217908/LL_img_217908_3.png
PCログ、カレンダー、メール送信日時等が確認可能

■工数管理機能(β版) ご利用企業の声
<管理本部長の声>
コロナの影響もあり、今後は多様な働き方が推奨されていく時代になると思っています。その中で勤怠管理を行う側としては社員自体の勤怠申請だけでは、従業員が過剰に働いていないか、安全管理や生産性が落ちていないか等の工数管理も非常に重要であり、かつ難解になってきています。
ラクロー社はその点において、外部のエビデンスとして様々なログの活用ができ、見やすいUIによってストレスなく社内への浸透が可能です。これからのスタンダードになりえるプロダクトだと思います。

<人事・労務担当者より>
私自身リモートワーク環境の中で、勤怠・工数管理をどうしていけばいいのかを最初は悩んでいました。ラクローを使うと稼働が一目で分かるので「働き過ぎでないですか?」と声がけのきっかけにもなり、非常に助かっています。


■「打刻レス勤怠管理サービス」ラクローとは
ラクローは、日々の打刻を必要としない「打刻レス」勤怠管理サービスです。PCログ、メール、カレンダー(G suite、Office 365)、Slack等の業務ログという客観的な情報から労働時間を自動算出し、効率的で安心な勤怠管理を実現します。
※2019年3月27日、同年4月施行改正労働法への適法性を厚生労働省に確認済み

<連携サービス等>
・PCログ収集:Windows/Macに対応(※Linuxログ開発予定)
・メール送信ログ、予定表日時収集:G Suite/Office 365に対応
・チャット投稿ログ収集:Slackに対応
・給与管理サービス連携:人事労務freeeに対応

<価格>
・工数管理機能(オプション):1ユーザー200円/月(税別)
※ラクローのアカウントが必要です(1ユーザー300円/月(税別))
※最低契約期間の定めはありません

<ホームページ>
https://www.raku-ro.com/


■会社概要
株式会社ラクロー
https://www.raku-ro.com/about
所在地 :東京都世田谷区奥沢7-5-13
設立 :2019年7月
代表者 :代表取締役 岩崎 奈緒己
事業内容:勤怠管理サービスの企画、開発、販売、運営
関係会社:株式会社ソニックガーデン

<本プレスリリースに関するお問い合わせ先>
https://www.raku-ro.com/inquiries/new


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。