配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202007091826-O1-G07SEzJ3
アップデートをリリース、多言語でサポート

 
AsiaNet 84687 (1085)

【深セン(中国)2020年7月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*多言語サポートには中国語、英語、日本語、韓国語、トルコ語が含まれる

優れたオンライン教育プラットフォームのQkidsは、新アイコンデザインを特徴とした新たなアプリのアップデート、そして、新しい言語のサポート、革新的なリワード・システム、より幅広い英語の童謡、高度なカリキュラムのプレビューを含むプラットフォームに向けたさまざまなアップグレードをリリースした。Qkids EnglishとQkids Parents両方の最新版は、Qkidsの英語版(https://qkids.com/us/download/ )、韓国語版(https://qkids.com/kr/download/ )、日本語版(https://qkids.com/jp/download/ )のウェブサイトでダウンロード可能だ。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200707/2850189-1

Qkidsの共同創設者兼グローバル・プレジデントのAdam Chen氏は「今までQkidsは、10以上の国と地域で80万人を超える子どもたちが英語学習の目標を達成できるように支援している。Qkidsアプリの新バージョンでは、より多くの言語をサポートするアップデートされたインターフェースと若い英語学習者が英語学習の道のりにおいて関心とモチベーションを維持し続ける手助けをする多くの革新的な機能を子どもと保護者の両方が手にすることになる」と述べた。

より多くの国際的な生徒が質の高い教育資源にアクセスできるよう、Qkidsアプリは中国語、英語、日本語、韓国語、トルコ語の5言語をサポートするようにアップグレードされた。初期設定の言語はユーザーのデバイスの言語に合わせてあり、好みによって変更することができる。

子供たちが英語学習のための良い個人的習慣を身につけるのに役立つリワード・システムを持つタスク・リマインダーが追加される。これは生徒にプレビュー、復習、完全な出席率など積極的な学習活動と授業後のテストでの目覚ましい成績を通してコインを集めるよう働きかける。

英語圏の国の文化を紹介する幅広い無料のコンテンツや学習テクニックと連動して、Qkidsは子どもたちが小さい頃から英語の読み書きの能力を築くのに必須である基礎を提供することを狙いとしている。

Qkidsが新たにキュレートした童謡は、子どもが歌ったり踊ったりして楽しみながら新しい単語を覚えることを可能にする。テーマをベースとする歌は、数、形、色など実生活で使うトピックに関連しており、保護者が語彙の学習を子どもの日常に組み込むのに役立つ。

Qkidsのうまくデザインされたカリキュラムは、子供たちの成果を追い、レッスンの難易度を調整することを可能にする適応英語学習システムを提供する。上級レベル向けコース内容のプレビューを提供するための新機能も追加された。

保護者は中国語、英語、日本語、韓国語のQkids Parentsアプリを介し、コース情報の確認、予約、また子供たちがプレビューと授業後の練習を完了させるのを手伝うことができる。

以下でQkidsとつながり、さらなるサポートを受ける:
英語:Facebookページ https://www.facebook.com/qkidslearning もしくはEメール:Qkidscourse@qkids.com
韓国語:Kakao Talk 01071708571 もしくはEメール:service_kr@qkids.com
日本語:service_jp@qkids.com にEメールを送り、Line Qでつながる

▽Qkidsについて
Qkidsは北米出身の英語講師と4歳から12歳の中国人の生徒80万人以上をつなぐ優れたオンライン教育プラットフォームだ。2015年に設立され、Qkidsは異文化オンライン学習における国のリーダーとなり、深セン、アモイ、広州、北京にオフィスを設置した。同社は、バイドゥ(Baidu)が率いるC1シリーズ資金調達ラウンドを完了し、世界中で継続的成長を築き上げる構えだ。

ソース:Qkids

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=366896
(写真説明:Qkidsが子どもの英語学習効率性を上げる新たなアプリのアップデートをリリース、中国語、英語、日本語、韓国語、トルコ語含む多言語でサポート)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。