配信元:@Press


画像 : https://newscast.jp/attachments/pR4Ab1NWX62rdRL0xwNu.jpg


2020年7月9日(木)~22日(水)まで、よみうり大手町ホールにて上演される、音楽朗読劇『日本文学の旅』が開幕を迎える。
今作では、あらゆる日本文学作品が揃っている"架空の図書館"を舞台に、司書と読書家に扮した2人の旅人が
時空を超えた文学の旅をする設定だ。"架空の図書館"には、『古事記』『日本書紀』~『源氏物語』~夏目漱石、森鴎外、芥川龍之介などの近代文学まで、日本人の心の原点とも呼べる数々の珠玉の文学作品が揃っていて2人の文学の旅人は、数多ある作品群から、選りすぐった名シーン、名セリフを朗読し、オリジナル音楽とともに各作品を立体化する。
開幕を前に報道陣に向け、囲み取材とゲネプロが公開された。
囲み取材にはA.B.C-Z橋本良亮と俳優の新納慎也、そして上演台本・演出を担当する鈴木勝秀が登壇。新型コロナウイルス感染拡大防止を施した稽古でのエピソードや作品の見どころを存分に語った。
コメントは以下のとおり。
橋本良亮(A.B.C-Z)
「(コロナ渦の)自粛期間があけて、所属事務所の中で初の舞台上演となり、最初はとてもプレッシャーを感じていました。稽古を重ねるうちに、来てくださるお客様や全ての人を笑顔にしたい!という気持ちでいっぱいになっています。今作は多くの日本文学を紹介します。最初に台本に目を通した時には、その言葉の難しさに苦戦しました。朗読劇ですが、言葉を理解しないとお客様に伝えられない。しかし、今回は音楽朗読劇ですので、音楽を聴くように、作品を楽しんでいただけたら嬉しいです。」
新納慎也
「舞台に立てる喜びを噛み締めております。劇場がこんなに長い間クローズしてしまっていたことは初めてだと思います。やっと劇場が開き、万全の対策を施し、僕らは舞台上で、お客様をお迎えすることができます。劇場にいらしていただいてこそ感じられるものが大きい作品でもありますし、演劇の力はそこにあると信じています。この素晴らしい文化を絶やさないためにも、それぞれが気をつけて、お互いを思い合うことが大事だと再認識しました。ぜひ劇場へ足をお運びいただけましたら幸いです。」
鈴木勝秀(上演台本・演出)
「日本文学の有名な名場面や心に刺さる素晴らしい場面を選りすぐり、上演台本を書き上げました。なので『お客様は理解できるでしょうか?』と(主演の)二人から聞かれましたが、台本を読むより耳で聴く方が内容を理解しやすいし、古典の日本語でも流れるような美しい響きがあるので音楽として心地よくご覧いただけると思います。演じている二人からは『難しい』と言われますが、楽しいシーンも多いので、あまり構えずに観ていただけたら幸いです。」
よみうり大手町ホールの、音楽ホールとしての特性を最大限に活かし、"音"を軸とした演出を鈴木勝秀が施し、シンプルな舞台美術、スタイリッシュな照明。歌とともに送る究極のエンタテイメント。今だからこそ見直して欲しい日本語としての面白さ、美しさを前面に押し出した『日本文学の旅』は、限りなく音楽に近い演劇作品である。

■公演概要■
音楽朗読劇『日本文学の旅』
上演台本・演出:鈴木勝秀
出演:橋本良亮(A.B.C-Z)/新納慎也/大嶋吾郎(ヴォーカル・ギター)/鈴木佐江子(ヴォーカル) 
公演日:2020年7月9日(木)~22日(水) 21回公演
会場:よみうり大手町ホール
チケット料金:全席指定9,500円(税込) ※プログラム付き ※未就学児童入場不可
お問合せ:Zen-A(ゼンエイ)03-3538-2300(平日11:00~19:00)
      http://www.zen-a.co.jp/nihonbungaku/
主催:読売新聞社/全栄企画株式会社
制作:株式会社ちあふる/株式会社クオーレ
※本公演は、新型コロナウイルスの感染予防対策のため、座席は前後左右1席ずつ空けるなどして上演いたします。




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。