配信元:@Press


総合光学機器メーカー株式会社ビクセン(本社:埼玉県所沢市、代表取締役:新妻和重)は、彗星が、いつ・どの方角に見えるかをわかりやすく表示する無料アプリ『Comet Book(コメットブック)』にネオワイズ彗星の軌道要素を追加するアップデートを実施しました。
これにより、今見ごろとなっているネオワイズ彗星(C/2020 F3)の位置をアプリから調べることができます。


画像 : https://newscast.jp/attachments/mryqCBizmV9gHUeXQw3H.JPEG
Comet Book イメージ画面


ネオワイズ彗星(C/2020 F3)は2020年3月に発見された新彗星で、当初の予想よりも明るくなっており、7月15日頃までは明け方の北東の空、低い位置で見やすく、15日以降は夕方の北西~西北西の空で見ることができそうです。現在、肉眼でも確認できるくらいの明るさですが、双眼鏡を使うと、よりはっきりと彗星の姿を見ることができます。彗星の明るさは徐々に暗くなっていくことが予想されますので、ぜひ早めの機会に淡い尾を引いたネオワイズ彗星の姿を観察してみてください。
また、ビクセン赤道儀用コントローラー「STAR BOOK TEN」には、このネオワイズ彗星のデータも入っています。お持ちの方は彗星を導入してみてください。
※コントローラーを最新のバージョンにアップデートする必要があります。


ビクセン無料アプリ「Comet Book」(コメットブック)


アプリ詳細はこちら
https://www.vixen.co.jp/app/comet-book/


画像 : https://newscast.jp/attachments/5BCYEMMty3GhFZLku531.png


<Vixen WEBサイト>
株式会社ビクセンが企画・協力・協賛しているイベントは、以下のページでお知らせします。
株式会社ビクセン  https://www.vixen.co.jp/
Facebookページ  https://www.facebook.com/tonakaifanpage
また、ビクセンでは星空観望会を始めとする「星を見せるイベント」各種のご依頼を随時承っております。
https://www.vixen.co.jp/event/event_info/
<株式会社ビクセン 会社概要>
代表取締役 新妻和重
創業1949年 本社 埼玉県所沢市
天体望遠鏡、双眼鏡、顕微鏡、フィールドスコープ、ルーペなどの設計、製造を行う光学機器メーカー




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。