配信元:@Press


日本で初めてウレタンフォームの生産を始めた高分子素材のリーディングカンパニーである株式会社イノアックコーポレーション(代表取締役:井上聰一、名古屋本社:愛知県名古屋市・東京本社:東京都品川区、以下イノアック)と関連会社で寝具メーカーである株式会社イノアックリビング(以下イノアックリビング)は、「SEKマーク」の認証を受けた抗ウイルス寝具ライン「ウイルスガード寝具シリーズ」を発売します。
イノアックリビングが運営するオンラインショップ「イノアックネットショップ」にて、2020年7月13日(月)より販売を開始いたします。


画像 : https://newscast.jp/attachments/sTtUWdZG9LirXRsISFHm.jpg
ウイルスガード寝具イメージ


発売の背景


会話や咳、くしゃみなどで飛沫となって飛散するウイルスは空気中を漂います。時間が経過すると空気中を落下していき、髪の毛や衣服など様々なところに付着します。
また、付着したウイルスについては、一定時間感染力を維持するとされ、「布の表面に付着したウイルスは24時間経過後も感染力を維持している」という検査結果※が報告されています。
(※出典:Chin AWH, et al. Lancet Microbe. published online April 2, 2020)
イノアックリビングは寝具メーカーとして、睡眠時に身体が直接触れる布団や枕にこそウイルス対策が必要だと考えます。イノアックリビングでは、ウイルスに敏感な高齢者を対象に医療用途として株式会社マルゼン(以下マルゼン)が製造していた「抗ウイルス寝具」を寝具メーカーのノウハウと知見を活かした一般用途の寝具へと改良し、発売することになりました。
布団やシーツは毎日洗えるものではありません。ウイルスと生きなくてはいけないこれからの時代。「ウイルスガード寝具シリーズ」は毎日の生活に寄り添い、快適と安心を提供します。


SEKマーク習得の抗ウイルス繊維を使用


「ウイルスガード寝具シリーズ」は、マルゼンが製造する抗ウイルス繊維「ウイルスガード」を採用しています。
抗ウイルスとは、繊維上の特定ウイルスの数を減少させる加工を指します。


画像 : https://newscast.jp/attachments/flH6dClVwJL11jbZIJ1J.jpg
JIS L 1992と認証基準


抗ウイルス活性値は、標準布と抗ウイルス加工布のそれぞれにウイルスを接種して25℃で2時間放置し、ウイルス数の常用対数の差で表します。その値が3.0 以上あればウイルスの数が千分の1以下に減少したことを示します。
ウイルスガードは亜鉛イオン・銀イオンをアミノ酸で拡散させた全く新しいアミノ酸金属イオンで抗ウイルス繊維を作り出しています。ウイルスガードは一般財団法人繊維評価技術協議会のSEKマークを習得しています。
(評価基準はISO18184の基準によるものです)
※抗ウイルス加工は「ウイルスの働きを抑制」「病気の治癒や予防」をするものではありません。


SEKマークとは


SEKマークは、一般社団法人繊維評価技術協議会が実施する認証制度(業界自主基準)です。同協議会では、抗菌防臭加工を施した繊維製品の表示用語、評価方法・基準、安全性などに自主基準を設け、基準に合格した商品には「SEKマーク」を表示できるマーク制度を実施しています。
SEKマークには、「抗菌防臭加工」以外にも「制菌加工」「抗かび加工」「光触媒抗菌加工」「抗ウイルス加工」「消臭加工」「光触媒消臭加工」「防汚加工」があります。
(出典:日本化学繊維協会ホームページ)


画像 : https://newscast.jp/attachments/F2CTOnBDwd1QNdQShFSH.jpg
SEKマーク(抗ウイルス加工)


「 ウイルスガード寝具シリーズ」ラインナップ


① ウイルスガード掛布団(掛布団)
サイズ:幅150×長さ200cm 価格:30,800円(税込)
② ウイルスガード肌掛布団(肌掛布団)
サイズ:幅150×長さ200cm 価格:24,200円(税込)
③ ウイスルガードシーツ(シーツ)
サイズ:幅150×長さ270cm 価格:9,680円(税込)
④ ウイルスガードメモレルピロー(枕)
サイズ:幅43×長さ63cm 価格:11,000円(税込)
⑤ ウイルスガードピロケース(枕カバー)
サイズ:幅50×長さ90cm 価格:6,380円(税込)


販売サイト


http://af-inoac.jp/


INOAC net SHOP(イノアックネットショップ) ウレタンマットレス専門店 : http://af-inoac.jp/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。