配信元:@Press

焼鳥専門店「京橋伊勢廣 本店」(所在地:東京都中央区京橋1-5-4、代表取締役:星野雅信)は、創業99年目を迎えた本年10月に新本店ビルに移転開業いたします。
現在、真向かいに建築中の新本店ビルでは、画期的な「給排気空調システム」を設計開発し、「ウィズコロナ」対策にも対応した新時代における飲食店舗の新たな形の構築を実現いたしました。
なお、この移転に伴いかつての京橋界隈の町家情緒を色濃く残しておりました、現「伊勢廣本店」は9月30日までの営業とさせていただく運びとなりました。
大正10年の創業以来、焼鳥専門店として多くのお客様からのご愛顧をいただいており、この機会に是非、新生「伊勢廣」へのご期待をいただくと共に、改めて古き良き時代からの雰囲気をお楽しみいただきたくご案内申し上げます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/218629/LL_img_218629_1.jpg
町家風情溢れる現 「京橋伊勢廣 本店」


■「京橋伊勢廣 本店」の歩み
初代星野 白久(あきひさ)が、大正10年に当時牛肉よりも高級な希少品であった鶏肉の小売店として、京橋の地にて創業いたしました。その後、鶏肉の小売りと並行して、当時はまだ珍しかった焼鳥専門店が評判となり、現在に至ります。
厳選された鶏や最上級の素材を生かし、姥目樫(ウバメガシ)備長炭によって熟練の職人が丁寧に焼き上げるスタイルや、初代が考案した鶏一羽を丸ごと味わっていただけるコース料理も、一世紀近くに亘り形を変えることなく、3代目となった今日まで引き継がれております。
新型コロナウイルスによる一時休業を経ての営業再開後も、常に安心して召し上がっていただけるよう感染防止対策も万全にお客様をお迎えしております。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/218629/LL_img_218629_2.jpg
備長炭による職人の技


■「焼鳥を焼くために設計したオンリーワンの建物」-新本店ビル
10月19日オープン予定の新本店は、現本店路地の真向かいに、趣向の違う3フロアをご用意いたしました。
店内は備長炭から立ち上る煙による、芳醇な香りを大切にしながらも「鶏を焼く煙は見えても、客席にはまわらない」ことを実現した、新給排気空調システムを開発導入しております。
この新本店ビルの詳細については8月中旬の発表を予定しております。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/218629/LL_img_218629_3.jpg
新店舗イメージパース


■現店舗概要
店舗名 : 京橋伊勢廣 本店
所在地 : 東京都中央区京橋1-5-4
定休日 : 日・祝(年末年始を除く)
営業時間 : 11:30~14:00(ランチ)
: 16:30~21:00(ディナー※土曜のみ16:30~20:30)
カード : 使用可(Visa/JCB/Master/AMEX/DinersClub)
平均価格帯: 1,500円(ランチ)~8,000円(ディナー)
席数 : 80席(全席禁煙・新型コロナ対策のため減席(7月時点))
TEL : 03-3281-5864
URL : https://www.isehiro.co.jp/
他店舗 : 帝劇店・銀座店・ホテルニューオータニ店・
日本橋高島屋売店


■会社概要
商号 :株式会社 伊勢廣
代表者 :代表取締役 星野 雅信
所在地 :〒104-0031 東京都中央区京橋1-5-4
設立 :1950年3月(創業1921年)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。