配信元:@Press

株式会社スパイスアップ・アカデミア(本社:大阪市北区、代表取締役:森山 たつを、以下 当社)は、オンライン海外インターンシッププログラム、グローバルマーケティングオンラインをリリースし、第一回プログラムを完了したことをお知らせいたします。また、本プログラムは、追手門学院大学の公式プログラムとなり、学内での募集開始をしたことをあわせてお知らせいたします。

『グローバルマーケティングオンライン』
https://gmonline.biz/gmoforstusents/


■『グローバルマーケティングオンライン』について

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/219167/LL_img_219167_1.png
漫画は…スペイン語!?

コロナ禍で、インターンシップなどの学生がビジネス経験を積む機会が限られている中、オンラインでリアルなビジネスを体験する機会を提供します。

当社グループ企業がリリースしたマンガアプリ「Manga VAMOS」このアプリに掲載されている漫画はすべてスペイン語です。参加者は、このアプリをスペイン語圏の国の人たちにプロモーションし、PVをアップしろという目標が課されます。スペイン語もできない、ビジネス経験もない大学生がそんなことできるのでしょうか?

本プログラムでは、普通の大学生がこのビジネス体験できるように、オンラインで議事録をとる方法から、海外の顧客にチャットでヒアリングをする方法、企画書の作り方から、広告の打ち方、交渉の仕方まで、オンライン講義で解説し、実戦で学んでもらっています。これは、在宅勤務をしながら海外のスタッフと協業している、日本のビジネスパーソンと同じ業務です。
このプログラムで、コロナ禍でも、グローバルで活躍できるビジネスパーソンを育成していきます。

プログラム詳細
https://gmonline.biz/gmoforschool/


■8月から追手門学院大学夏休みプログラムとして、本格始動
本プログラムは、追手門学院大学の夏休みの公式プログラムとして採用され、現在学内で参加者の募集をしています。この夏、海外留学などのチャンスがない大学生に、海外ビジネス体験をするチャンスを提供します。

それと同時に、個人参加の学生の一般公募も開始しました。
https://gmonline.biz/gmoforschool/


■第一回プログラムで学生が達成した内容
普通の日本の大学生や高校生が、オンラインでスペイン語のマンガアプリをプロモーション。
学生は「そんなことができるのか?」と半信半疑で参加しましたが、2020年6月の第一回プログラムでは以下の施策を行い、アクセス数を10倍以上にアップしました。

・メキシコ人のYouTuberと仲良くなり、プロモーション動画を作ってもらう
・コロンビア人漫画家にアプリに投稿するメリットを伝え、自作のマンガをアップしてもらう
・Facebook広告を7種類投稿し、クリック率が高い広告を選び、集中して投下
など

これらの施策は我々が指示したものではなく、自分たちがオンライン交流アプリでヒアリングをした現地の人たちの話を元に、自分たちで自主的に考え、実行したものです。ちなみに、ほとんどの学生のスペイン語力はゼロ。Google翻訳やDeepL翻訳を駆使して、スペイン語でビジネスコミュニケーションを行いました。

このように、我々は、現場の顧客の意見を聞き、自分たちで施策を作れる人材を育成しています。

メキシコ人YouTuberやコロンビア人漫画家と交渉して、マンガアプリのアクセス数を10倍にした話
詳細はこちら
https://gmonline.biz/p=1139/


■会社概要
商号 : 株式会社スパイスアップ・アカデミア
代表者 : 代表取締役 森山 たつを
所在地 : 〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-28-2, B1(東京事務所)
設立 : 2014年02月
事業内容: 海外インターンシッププログラムの運営
URL : https://gmonline.biz/

海外インターンの実績
海外インターンシッププログラム 「サムライインターン」の参加者が1,000人を突破!
20大学の公式プログラムに https://www.atpress.ne.jp/news/218638


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。