配信元:共同通信PRワイヤー

2020年8月3日

THK株式会社(代表取締役社長:寺町 彰博、以下、THK)は、接触による感染リスクの低減に貢献する検温ロボットを開発しました。2020年8月より先行受注を開始いたします。

検温ロボットは、頭部のサーモグラフィカメラで体温を測定し、発熱者が発見された場合には遠隔操作でオペレーターが応対するサービスロボットです。

サーモグラフィカメラにはネクストリーマーが開発した遠隔操作機能付きAI画像認識技術による顔認証機能を搭載し、発熱を感知した際は遠隔地にいるオペレーターを呼び出して検温対象者に有人対応します。上体には、ミズノとTHKの共同開発による洗濯可能な人型サービスロボット用の空冷ウエア「エアリージャケット」を着用し、ロボットの排熱性を向上させました 。

新型コロナウイルス感染拡大防止策として、検温を必要とする施設、機会が今後ますます増えていきます。人の手で行う従来の体温測定をTHKの検温ロボットが代わりに担い、さらにはオートディスペンサー消毒を用いることで、人同士の接触による感染リスクを低減できます。

THKでは、機械要素部品のトップメーカーとして培ってきた技術と実績をもとに、市場の急速な変化に即してビジネススタイルの変革を図り、今後の成長戦略の一角をなすサービスロボットのコア技術を最大限に活かすことで、人手不足や感染症拡大といった社会的課題の解決支援を行ってまいります。

紹介 WEB サイト
https://www.thk.com/?q=jp/node/21188

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。