配信元:@Press

i-SHOT株式会社(所在地:愛知県名古屋市、代表者:原田 悠暉)は、「応援」が仕事になるオンライントレーニングサービスBeMOSS(ビーモス)を初公開いたしました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/221501/LL_img_221501_1.jpg
BeMOSS

▼BeMOSS女性アシスタント登録ページ
https://onlinegym.xyz/assistant-registration/

【正式名称:BeMOSS(ビーモス)】
こんな人のために生まれたサービスです
・接客業をしていたがアルバイト先が無くなった
・自宅で安心して働きたい
・自由な時間に働きたい
・セクハラやストーカーなどのトラブルリスクを最小限にしたい
・直接人と合わなくてもできる仕事がしたい
・自分も運動したい

上記のニーズに応え、18~29歳が登録できる「オンラインパーソナルジムBeMOSS[ビーモス]」が公開されました。


▼BeMOSSウェブサイト
https://onlinegym.xyz

長期化するwithコロナを見据えて、運動嫌いな人が自宅で筋トレを楽しめるサービスです。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/221501/LL_img_221501_2.png
サービスの特徴

■報酬はどれくらいもらえるの?
初回体験のお客様サポートは1回45分1,000円の報酬
継続契約のお客様サポートの場合は1回45分1,500円の報酬
体験セッションで満足してもらえたら報酬UPする仕組みです。


■だれでも登録できるの?
・18~28歳の女性が登録可能
・トレーニング指導経験不要!

個人を特定できる情報は一切公開されず、登録プロフィール情報は利用会員のみに公開されます。
登録頂いているアシスタントの約9割がトレーニング未経験者です。


■未経験でも働ける理由は?
・3パターンのトレーニングメニューがすでに決まっているから
・本格的なトレーニングよりも楽しくトレーニングできるBeMOSSが求められているから
・マニュアルが充実しているから
・24時間運営会社がトラブル対応してくれるから


■登録後はどんなことをすればいいの?
・大きな声で筋トレの数を数える
・お客様が動けなくなるまで大きな声で「あともう一回!」を叫ぶ
・褒めて褒めて褒めまくる(トレーニングのやる気を引き出すことが目的)
・楽しく雑談する

トレーニングを受ける利用者は「もう一回!」「頑張って!」と応援されるだけで、きついトレーニングが継続できたり、最後までトレーニングをやり遂げることができます。


■事業開始の背景
・飲食店など店舗型ビジネスの休業、倒産で学生アルバイトが貧困に
・トレーニングジム施設の運営自粛に続き、大量倒産
・リモートワークや自粛で運動不足になる人急増
・国民一人ひとりの基礎体力向上が急務

上記理由から、画面越しに筋トレする人を応援するパーソナル型オンラインジムを開設する運びとなりました。

当社は普段運動しない人や運動嫌いな人でも楽しめるプラットフォームを作ることが重要だと考えています。


■続けることにフォーカスしたオンラインジム
他人を褒めることでパフォーマンスが向上する心理学的アプローチであるピグマリオン効果を活用したオンラインジムです。応援が身体的パフォーマンス向上につながることが心理学的に証明されています。

また、雑談を交えながら女性アシスタントと楽しい時間を過ごすことで、筋トレをキツい行為ではなく楽しい行為として理解を促す効果が期待できます。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/221501/LL_img_221501_3.jpg
モニターの体型変化

■女性アシスタント登録の流れ
1. 無料アシスタント登録
応募フォームより必要情報を入力し、3分で無料会員登録。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/221501/LL_img_221501_4.png
会員登録画面
2. 公開用プロフィール情報登録
利用会員に選んでもらえるようにプロフィール情報を充実させます。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/221501/LL_img_221501_5.png
プロフィール確認画面

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/221501/LL_img_221501_6.png
アシスタント一覧ページ

3. 初回体験パーソナルトレーニング実施
会員からセッション希望のメッセージが届いたら、セッション日時を決め、当日にセッションを実施します。
セッションはオンラインビデオチャットツールのzoomを利用します。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/221501/LL_img_221501_7.jpg
セッション風景SP
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/221501/LL_img_221501_8.jpg
セッション風景PC

4. 継続セッションの確認
45分間のトレーニング終了前に継続トレーニング申し込みの有無を確認。
継続トレーニングを行う場合は体験したお客様の専属アシスタントとして働くことができます。

画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/221501/LL_img_221501_9.jpg
体験セッションは同じ人をお客様にすることはありません

5. 次回セッションの日程確認
次回までのトレーニングの約束をお客様と決定してください。

【BeMOSSアシスタント登録詳細】
年齢・性別:18歳以上28歳以下の女性
必要資格 :なし
報酬 :業務委託契約による歩合制
体験セッション1回1,000円、継続セッション1回1,500円の報酬
指導経験 :なしでも可。マニュアル完備


■BeMOSSのコンセプト
人を応援し合う社会を当たり前にする
赤ちゃんだった子供が初めて立ち上がったときも、勉強した結果がテストの点数に現れたときも、キツイ部活の練習に打ち込めたときも、大学に合格したときも、自分が頑張れたときはいつも誰かが応援してくれたし、見える結果に対して褒めてくれたはず。

しかし、他人のダメな部分にばかりフォーカスを当てることが常識な日本人。
不倫や脱税、殺人、強盗など、ニュースやSNSで話題の中心になることはほとんど人のダメな面ばかり。

幸せに暮らしているシーンはほとんど注目されません。

もし、日本社会が当たり前のように「応援」「褒める」ということを挨拶のようにできるとしたら、日本はもっと素敵な国になるはずです。

日本がつまらない堅実な社会になっているのは、突出した人間を潰し、平均的な人間にする文化があるから。または、できないことに対し、叱ることでますます苦手なことに対し向き合えないような環境を作るからです。

BeMOSSを通じて、友人、親、兄弟、親戚、職場の同僚、上司などに応援の言葉や人を称える言葉が自然と出てくるようになることを目指して一緒に成長できたらと思っています。


■「応援」「褒める」が社会を良くする理由
1. ピグマリオン効果による心理学的アプローチによるパフォーマンス向上
人が他人に期待することで、人間のパフォーマンスが向上すると言われています。心理学の分野において、スポーツ、教育の分野でパフォーマンスが向上するという研究結果が多数報告されています。

本サービスの「筋トレ×応援」は心理学的観点において効果的で、お客様のトレーニング斡旋に効果が期待できます。

2. 人のダメなところを指摘し合う社会では成長に限界がある
平均的な人間である必要が無くなった時代。努力することに対して応援し、努力したことに対して褒めることで、楽しく目標達成できることに繋がります。

ダメな点を指摘するのは人間的に未熟な人でもできます。心から他人を応援し、他人の努力を称えることができる人がこれからの日本には必要です。

3. 人を褒め、応援することが一般的になれば、物事に打ち込むことが楽しくなる
人間はアンカーと呼ばれる現象と感情を紐付けする仕組みが備わっています。キツい筋トレやダイエットが続かない一番の原因は、痛みを伴うこととしてアンカーがあるからです。
本サービスを通じて、筋トレやダイエットに対して、「嬉しい」「楽しい」というイメージをお客様に植え付けていただきます。


■運営会社情報
サービスサイト: BeMOSS公式サイト( https://onlinegym.xyz/ )
会社名 : medifund|i-SHOT株式会社(i-SHOT Inc.)
会社URL : https://medifund.jp/
所在地 : 〒450-0003 愛知県名古屋市中村区名駅南2-8-28
代表者 : 原田 悠暉
設立 : 令和1年11月11日
連絡先 : Tel : 052-990-1007
Mail: contact@onlinegym.xyz


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。