配信元:@Press

株式会社オレコン(本社:大阪市中央区、代表取締役:山本 琢磨)は、世界で成功している大企業のエリートの思考や働き方といった内容を学ぶ、新時代のビジネスFacebookグループ「次世代エリート養成サロン」を開設し、2020年7月から先行サロンメンバーの募集を開始いたしました。
また、8月23日・29日には、インプット・アウトプットにより時間の悩みを解決する場を提供する「次世代エリート養成プログラム1dayセミナー」を、東京/Zoom上で開催いたします。

「次世代エリート養成サロン」詳細
https://orecon.co.jp/lp/kadokawa-orecon/
「次世代エリート養成プログラム1dayセミナー」詳細
https://orecon.co.jp/wp_lp/kadokawa-orecon-1day-b/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/221239/LL_img_221239_1.jpg
イメージ写真


【提供の背景】
現在「コロナ不況」と言われ、多くの会社が倒産し、働く場所が失われることで収入がなく生活に苦しんでいる人が増えているという現状があります。また、年齢があがるにつれて収入があがった「年功序列の時代」の終息を迎え、「悩みや不満を解決できる価値を提供できる人」こそが対価として報酬を得ることができるいう課題も存在しております。

今回、当社では、次世代エリート養成サロンを通じて、蓄積されたノウハウをもとに「収入が途絶えてしまう」という問題を解決しながら、「雇用される能力=価値を提供できる能力」を発揮することが可能となる、次世代エリート養成サロンのサービスを開始いたしました。


【「次世代エリート養成サロン」について】
従来の年齢があがるにつれて収入があがった年功序列ですが、現在は年功序列の時代は終わりを向かえようとしています。これからの成果主義の世界では、成果、つまり価値を提供すればするほど、収入が上がり、望んだものを手に入れることができます。一方、不況でも収入を上げ続け、望んだ人生を手にいれている人がいます。
この度提供する次世代エリート養成サロンは、不況だったとしても、価値を提供し、人々の問題を解決している人は収入を上げているという事がわかり、人々の悩みや不満を解決できる行動やスキルを提供いたします。

価格 : 完全無料
詳細・申込: https://orecon.co.jp/lp/kadokawa-orecon/
その他 : 参加特典あり
※いつでも退会は可能です。
※Facebookの仕様上、当グループは承認制となっております。
「参加する」ボタンをタップしたのち、数時間以内に承認されますため、
申請後はしばらくお待ちくださいませ。


【「次世代エリート養成サロン」対象】
ご参加いただくことで不況でも収入を上げ続けるスキルを身に着けることができることから、下記のような方が対象となります。

<対象(例)>
・会社員の方、学生の方、主婦の方
・将来が不安だが、収入を上げるスキルを身に着けたい方
・現在維持のままでよいのかと悩んでいる方


【「次世代エリート養成プログラム1dayセミナー」について】
8月23日・29日のセミナーでは「あなたの時間の悩みは1日ですべて解決します」をテーマに9つの学びと9つの実践をご用意しております。

開催日 : 2020年8月23日(日)、8月29日(土)
場所 : 東京都千代田区富士見2-13-3 Fホール
オンライン(Zoom)でも同時中継
価格 : 5,800円(税込み)
先行割引 : 2020年8月16日(日)までにお申込みで2,900円(税込み)
詳細・申込: https://orecon.co.jp/wp_lp/kadokawa-orecon-1day-b/


■会社概要
商号 : 株式会社オレコン
代表者 : 代表取締役 山本 琢磨
所在地 : 〒541-0057 大阪府大阪市中央区北久宝寺町3丁目6-1 7階
設立 : 2013年4月18日
事業内容: グループの経営統括・管理
マーケティング事業
コンサルティング事業
投資育成事業
デジタルマーケティング
採用マーケッター(採用代行)
資本金 : 1,100万円
URL : https://orecon.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。