配信元:@Press

LINE Fukuoka株式会社(本社:福岡県福岡市博多区、代表取締役社長:落合 紀貴)は、Smart City業界をリードする企業や行政の課題解決をサポートする企業と、まちづくりの未来や社会課題についてディスカッションするオンラインイベント「Smart City TV」の第2回を2020年8月20日に開催することをお知らせします。


■テーマは「データのオープン化」
新型コロナウイルス感染症によって社会や生活が大きく変化する中、まちづくりには今、地域や組織を超えた連携が必要とされています。そのための手段の一つとして、データを誰でも活用できるように公開する“オープンデータ”や、プログラムのソースコードを公開し誰でも開発に参加できるようにする“オープンソース”に注目が集まっています。

一例として、東京都の新型コロナウイルス感染症対策サイトを構成するプログラムは、オープンソースで開発されており、誰でも自由に使用・改変することが可能です。これにより、様々なアップデートや課題の共有が活発に行われ、日本各地のプログラマーが各地域に対応させたサイトを作るなど、全国に取り組みが広がっています。また、国や自治体が公表しているデータを、民間企業が活用しやすいオープンデータとして公開することで、サイトの開設や情報発信を後押ししています。

第2回Smart City TVでは、東京都の「新型コロナウイルス感染症対策サイト」を開発した一般社団法人Code for Japanと、神戸市と新型コロナウイルス感染症対策の業務効率化アプリケーションのオープンソース化を行っている日本マイクロソフト株式会社を登壇者に迎え、社会の発展とビジネスの2つの側面から「データのオープン化」について徹底議論いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/221564/LL_img_221564_1.jpg
第2回Smart City TV

■登壇者
一般社団法人Code for Japan
代表理事 関 治之
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/221564/LL_img_221564_2.jpg
登壇者 関 治之

市民とテクノロジーの力で地域課題を解決する「シビックテック」を推進するため2013年一般社団法人Code for Japanを設立し代表理事を務める。「ともに考え、ともにつくる」というコンセプトをもとに、市民と共創し、市民だけで解決できる社会課題や市民と行政と連携して解決できる社会の促進に取り組んでいる。
URL: https://www.code4japan.org/

日本マイクロソフト株式会社
デジタル・ガバメント統括本部 デザインジャパン推進室 室長
シニアインダストリーエグゼクティブ 藤中 伸紀
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/221564/LL_img_221564_3.jpg
登壇者 藤中 伸紀

日本マイクロソフトに入社後、エンタープライズ向け事業分野において事業企画やマーケティング、サービス企画などを担当。その後、2013年よりパブリックセクター事業において政府機関、自治体等のデジタル変革やスマートシティのプロジェクトの計画段階から支援している。
URL: https://www.microsoft.com/ja-JP/industry/government/smart-cities

LINE Fukuoka株式会社
LINE Smart City ビジネスプランナー 乾 友輔
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/221564/LL_img_221564_4.jpg
登壇者 乾 友輔

福岡市を中心に推進する、LINEの技術を活用した未来志向のまちづくり、LINE Smart Cityのビジネスプランナー。登録者数169万人を超える福岡市LINE公式アカウントの、最寄りの「赤ちゃんの駅」が検索できる『子育て案内機能』、また福岡市LINE公式アカウントの便利な機能のソースコードを無償提供する『SMART CITY GovTechプログラム』などのプロジェクトマネージャーを担当。
URL: https://linefukuoka.co.jp/ja/project/smartcityproject/


■モデレーター
LINE Fukuoka株式会社
LINE Smart City ビジネスプランナー 室長 南方 尚喜
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/221564/LL_img_221564_5.jpg
モデレーター 南方 尚喜

福岡市を中心に推進する、LINEの技術を活用した未来志向のまちづくり、LINE Smart Cityの事業責任者。登録者数169万人を超える福岡市LINE公式アカウントでは、行政情報の選択受信を始め、申請手続き、市民から行政への通報、災害時のサポート機能など、様々なサービスを提供している。
URL: https://linefukuoka.co.jp/ja/project/smartcityproject/


■開催概要・申込について
催事名 :第2回Smart City TV
日時 :2020年8月20日(木) 開始18:00/終了19:30
主催 :LINE Fukuoka株式会社
参加費 :無料
視聴方法 :Zoom webinar、YouTube Liveでの配信を予定。
お申込いただいた方へのみ、開催前日までに
ご案内させていただきます。
主な対象者:- まちへのIT活用に関係する方(行政関係者、IT企業など)
- 登壇各社のまちづくりの取り組みやビジョンに興味のある方
- まちの課題を解決したい、より良い暮らしの実現に貢献したい
と考える方
※オープンソース、オープンデータに詳しくない方でもご参加いただけます

申込URL: https://feedback.line.me/enquete/public/8625-dfocPxDO


■タイムテーブル
18:00-18:15 イントロダクション
18:15-18:25 Code for Japan 東京都における「データのオープン化」の事例
18:25-18:35 日本マイクロソフト 神戸市における「データのオープン化」の事例
18:35-19:05 ディスカッション
~社会の発展・ビジネスの側面からのメリットとデメリット~
19:05-19:25 質疑応答
19:25-19:30 クロージング


<会社概要>
【LINE Fukuoka株式会社】
社名 : LINE Fukuoka株式会社
本社所在地 : 福岡県福岡市博多区博多駅中央街8-1 JRJP博多ビル12F
代表者 : 代表取締役社長 落合 紀貴
資本金 : 490百万円 (2018年1月時点)
設立日 : 2013年11月18日
主な事業内容 : LINEおよび関連サービスの開発・クリエイティブ・
運営・事業企画など
コーポレートサイト: https://linefukuoka.co.jp/ja/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。