配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008113003-O1-UJGZ5iIF

AsiaNet 85067 (1290)

 
【青島(中国)2020年8月10日PR Newswire=共同通信JBN】世界的に有名なサッカークラブのパリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain)は10日、コンシューマーエレクトロニクスと家電の大手メーカーであるハイセンス(Hisense)が複数年にわたるパートナーシップ契約による同クラブの最新のグローバルスポンサーになったと発表した。

ハイセンスは過去51年にわたって受賞歴のある家電およびコンシューマーエレクトロニクス製品を生み出し、世界各地で販売してきた。この新たなパートナーシップは、世界のサッカーファンのために視聴体験を向上するというハイセンスのミッションを強調するもので、今後同社は広範な製品を披露するためにクラブと共に取り組む。

テレビと家電の画期的な技術により、ハイセンスはパリ・サンジェルマンのファンに最高の家庭での視聴体験を実現する態勢を万全に整えている。パルク・デ・プランス(Parc des Princes)スタジアムと全世界の大観衆に、放送、デジタルおよびソーシャルチャンネルを通じてハイセンスのブランドと製品群が披露されることになるとともに、パートナーシップにより、ハイセンスは新たなトレーニングセンターを含むクラブのさまざまな施設全般でのニーズを支援するため、広範な革新的製品をクラブに提供する。

ハイセンス・インターナショナル(Hisense International)社長のAlex Zhu氏は「世界で最も成功し急成長しているクラブの1つであるパリ・サンジェルマンと手を組むことができて非常に嬉しい。彼らは、行う全てのことについて常に技術とイノベーションのブレークスルーを追求しており、このことはハイセンスのミッションである『科学技術のイノベーションを追求し数百万もの家族に幸せをもたらす』と完全に一致する。このパートナーシップによって、パリ・サンジェルマンと全世界のファンのために可能な限りベストな視聴体験を創り出すことができると確信している」と述べた。

パリ・サンジェルマンの最高パートナーシップ責任者(Chief Partnerships Officer)であるMarc Armstrong氏は「ハイセンスをパリ・サンジェルマンのファミリーに迎え、このような世界をリードするコンシューマーエレクトロニクスと家電のメーカーと提携できることは喜ばしい。パワフルな体験と機会の創出を通じて世界中のファンにリーチし交流するための優れた機会を提供する。われわれは、ハイセンスがグローバルな目標を実現する助けとなることを楽しみにしている」とコメントした。

パリ・サンジェルマンのアジア太平洋担当マネジングディレクターであるSebastien WASELS氏は「アジア太平洋のこのような大手グローバルブランドと手を組むことができることを誇りに思う。これはアジア太平洋地域に対するわれわれのコミットメントの拡大を明示するもので、クラブにとって意義深いパートナーシップである。パリ・サンジェルマンの体験を全世界のより多くの家庭に提供することを楽しみにしている。ハイセンスと手を組むことで、われわれは同社の本社がある中国のファンに一層身近な存在にもなる」と述べた。

10日の発表は、世界の主要なスポーツプロパティのスポンサーシップを通じた、ハイセンスのスポーツへの継続的なコミットメントに基づくもので、これには2018年FIFAワールドカップ、UEFA EURO 2016、Formula One Red Bullレーシング、オーストラリアオープンとのパートナーシップが含まれる。スポンサーシップは160を超す国と地域に製品を輸出するハイセンスの世界のステージでのプレゼンスを称えるものである。

パリ・サンジェルマンとハイセンスは近年、イノベーションの最前線にあり、2つのブランドは現在、高品質のエンターテインメントを人々の家庭にもたらす取り組みで協力している。

▽ハイセンスについて
ハイセンス(Hisense)は1969年の創業で、中国・青島に本社を置く。過去51年間にわたり、ハイセンスは常に中核的価値である「誠実、イノベーション、顧客重視、持続可能性」を忠実に守ってきた。事業はマルチメディア、家電、ITインテリジェント情報、現代的サービスなどの分野に及ぶ。同社は世界的な大手テレビブランドで、中国、南アフリカ、オーストラリアでマーケットリーダーである。ハイセンスは54の海外企業およびオフィスを設立し、中国、欧州、中米、南アフリカで14のハイエンド国際生産施設を開設した。ハイセンスはまた、消費者の生活を向上する第1級で高品質の製品を提供することを唯一の目的として、世界に17の研究開発センターを構える。

▽パリ・サンジェルマンについて
パリ・サンジェルマン・フットボール・クラブ(Paris Saint-Germain Football Club)は1970年に創設された。2011年にQSI(カタール・スポーツ・インベストメント)がクラブを取得して以来、世界トップのサッカークラブおよび世界的スポーツブランドの1つに変貌を遂げた。パリ・サンジェルマンはパリと結びつきを持ち「1つのユニークな市、1つのユニークなクラブ」の理念の下、パリは組織の中心にある。クラブはそれ以来、わずか7年間に18の優勝杯を、クラブ史上で43の優勝杯を獲得し、フランスで最も成功したサッカークラブになった。パリ・サンジェルマンは、過去にはロナウジーニョ(Ronaldinho)、ベッカム(Beckham)、イブラヒモビッチ(Ibrahimovic)、また現在ではいずれも世界トップ4位内の選手であるネイマール(Neymar)、エムバペ(Mbappe)など偉大な選手を多数擁している。クラブの世界的な人気は高まる一方である。現在、世界で最もフォロワーの多いクラブであり、7年間でソーシャルメディアのフォロワー数はゼロから9000万を超すコミュニティーへと拡大した。クラブはドーハ、ニューヨーク、シンガポールに国際オフィスを開設した。現在男子サッカー、女子サッカー、ハンドボール、柔道を含むこの先駆的なスポーツクラブは、2016年にeスポーツに参入した。コミュニティーに還元することはクラブにとって基本であり、大規模かつ効率的なプログラムを策定するためにクラブはFoundation(基金)のキャパシティーを劇的に拡大した。多数のプログラムのうちRed & Blue Schoolプロジェクトにより、パリ・サンジェルマンは恵まれない若者たちの助けとなっている。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200810/2880580-1 
(写真説明:ハイセンスがパリ・サンジェルマンとのグローバル・パートナーシップを発表)

ソース:Hisense

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=368928 
(写真説明:ハイセンスがパリ・サンジェルマンとのグローバル・パートナーシップを発表)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。