配信元:@Press

ミャンマー人専門人材紹介会社 株式会社ジェイサット(本社:ヤンゴン、以下 J-SAT)グループは、ミャンマー人材業界では初となる、ミャンマー進出日系企業向けの人事データを総合的にまとめた2020-2021年度版をリリースしました。長年の同データと比較した動向変化を分析。給料の実態や昇給状況はもちろん、ミャンマーにて企業経営する上で不可欠となる人事労務に関する生のデータを集約しています。

※「業界初」に関しまして、当社調べによる記載になります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/222221/LL_img_222221_1.jpg
表紙

■ミャンマー進出日系企業3分の1以上の最新データが集約
2020年1月にミャンマー進出日系企業165社から回答された、昇給・給料・福利厚生・人事労務に関するアンケート調査結果を中心に構成されています。現在の日系商工会登録社数を考えると3分の1以上となるデータが集約されています。


■老舗人材紹介会社の強み生かした過去データと比較し、総合的な見地から動向分析
経済発展著しいミャンマーでは給料など経営環境が日々変化しているものの、政府公表データへの信ぴょう性を含め、正確な情報の入手困難なことが、毎年経営課題にあげられています。弊社では面接済ミャンマー人大卒求職者4万2千人以上を保有し、80%以上の進出日系企業に人材を紹介している強みを生かし、毎年各企業へのアンケート調査を実施し、現場に即した生のデータを収集してきました。給与相場や昇給状況などの単一的な人事データだけではなく、「人事課題」「昇給」「給与相場」「賞与」「福利厚生」「採用と教育」「有給休暇」「内田クレペリン検査からみるミャンマー人材」など、多様なテーマを網羅して、長年の人事データと比較し動向変化を分析しています。


■貴重な人事データを無料配布
人事データはミャンマー進出日系企業の方々からの協力で成り立っており、日系企業のミャンマー進出の成功がミャンマー経済の発展、ミャンマーの人々が豊かに生活できる礎になることを期待して制作しています。無料で配布させて頂きますので、提供を希望の方は、J-SAT担当 恵中(えなか)までメールにて連絡ください。

メールアドレス: enaka@j-sat.jp

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/222221/LL_img_222221_2.jpg
昇給について

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/222221/LL_img_222221_3.jpg
人事課題について


■株式会社ジェイサット(J-SAT)
1998年創業。資本金10万ドル。従業員169名。リサーチからビジネスマッチング、視察手配、会社登記、運営管理などから人材派遣等ミャンマー進出支援の一括サポートを行っています。大阪府ビジネスサポートデスクやJETROプラットフォームコンサルタントを担当するなど、これまで500社以上の進出支援実績があります。進出した日系企業の80%が同社人材紹介を利用し年間約4000名の大卒者を紹介するなど、ミャンマーに進出した日系企業へのミャンマー人材支援で圧倒的シェアを占めています。また、人手不足が深刻な日本へ、高度人材(エンジニア)や日本語が話せる大卒技能実習生に日本語やビジネス教育を行う、ミャンマー最難関のJ-SATアカデミーを運営し、日本にミャンマー人を紹介・派遣しています。
視覚障害者によるマッサージ店経営を行うなどのソーシャルビジネスも手掛け、幅広くミャンマーの発展に寄与しています。

代表取締役: 西垣 充
所在地 : Room 1210, 12A Floor, Sakura Tower, No.339
Bogyoke Aung San Road,Kyauktada T/S, Yangon, Myanmar
事業内容 : ミャンマー進出・人材支援、旅行・視察手配、視覚障害者支援
Tel : +95-1-255925【代表】
Fax : +95-1-255925
URL : http://j-sat.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。