配信元:共同通信PRワイヤー

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202008143114-O1-ewn6l07c

AsiaNet 85118 (1324)

 
【北京2020年8月13日PR Newswire=共同通信JBN】健康意識の高まりで天然由来商品市場に向かう消費者が増えたことで、ベジタリアンカプセルは2020年の国際栄養補助食品市場の新たなトレンドになりつつある。

ベジタリアンカプセルは、ハードシェル、ソフトシェルともに、でんぷんなどの植物性原料で作られている。

牛、魚、豚のコラーゲンを加水分解して作られるゼラチンカプセルと比べ、ベジタリアンカプセルはビーガンや、動物性食品の摂取が禁止されている特定の宗教、民族グループの人々の要求によりマッチさせることができる。

そうした植物由来のカプセルは化学添加物を使用しておらず、製造過程で汚染をほとんど引き起こさない。さらに、植物由来成分の特性によりベジタリアンカプセルは魚油、植物エキス、酸化しやすい栄養素などの様々な充填材料に適しており、栄養素の保存にもってこいである。

より健康的な生活を志向する人々は、より自然で健康的、安全な製品を選ぶ傾向がある。栄養補助食品分野では、Healthy Care、BioBalance、doTERRA(ドテラ)、Walgreens(ウォルグリーン)、Sam's Club(サムズクラブ)、Colfarm、Benemax、Healtheries(ヘルサリーズ)、Sports Research(スポーツリサーチ)など多くのメーカーやブランドオーナーが、進化する消費者ニーズに応えるため、ゼラチンカプセルに代わる植物由来のカプセルを見つけ出そうとし始めている。

またCOVID-19パンデミックにより、消費者は自らの健康や生活習慣、関連する消費性向の見直しを迫られている。

ウエルネスに特化したデータテクノロジー企業、SPINSのKathryn Peters執行副社長は「天然由来の商品と従来の商品のどちらを選ぶかで、買い物客の考え方が変化し続けていることが引き続き分かる」と語った。

Peters氏は、一般市民は依然、健康と幸福を重視しており、消費者が今後も、食べたり、体につけたり、自宅を保守したりする際に体に良い商品に金をかけ続けるため、天然由来の商品はそれ以外の商品を圧倒し続けるだろう、と付言した。

世界有数のでんぷん植物ベースのカプセル製造会社の1つ、VegeGelの担当者は、栄養補助食品にベジタリアンカプセルを使用している企業やブランドオーナーと従来型のカプセルを使っている企業やブランドオーナーには大差がつくだろうと語った。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200813/2884837-1
(写真説明:ベジタリアンカプセルが2020年の国際栄養補助食品市場の新たなトレンドに)

ソース:Xinhua Silk Road

画像添付リンク
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=369207
写真説明:ベジタリアンカプセルが2020年の国際栄養補助食品市場の新たなトレンドに

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。