配信元:@Press

京扇子の老舗、株式会社宮脇賣扇庵(所在地:京都市中京区、代表取締役:南 忠政)は、いま注目の女性日本画家、定家 亜由子氏の描きおろしの原画がデザインされた美麗なコラボレーション扇子 第3弾「月のこもりうた-あき-」を発売いたしました。
販売サイト: http://www.baisenan.com/products/detail.php?product_id=1721

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/226230/LL_img_226230_1.jpg
扇子「月のこもりうた-あき-」 紙筒


■「月のこもりうた-あき-」
いま注目の女性日本画家、定家 亜由子氏が本商品のために書き下ろした原画がデザインされた扇子。古典柄の秋月萩に現代的な星柄を添え、秋の夜を表現。裏面には薄くパールが加工され、その薄い光沢は月光のように綺麗です。女性用として作られる事が多い6.5寸と、男性用として作られることが多い7.5寸の中間、「7寸」という男女とも使いやすいサイズで仕立てられております。色彩とその花の絵の美しさから、女性向けとも感じられますが、とても明るくポジティブなイメージが放たれる定家氏の日本画作品を好む男性にも、「日本画の作品を扇子の中に閉じ込めて持ち歩くことができる」と評判です。自宅や店舗などでインテリアとしての飾り扇子としても需要があり、収納できる絵画としても人気があります。
また商品のパッケージは同柄がプリントされた紙筒がとてもかわいらしく、持ち運びのケースとしても使える特別仕様になっています。


■商品概要
商品名 : 「月のこもりうた-あき-」
定家 亜由子×宮脇賣扇庵コラボ扇子 第3弾
種類 : 定家 亜由子扇子(3) 焼煤竹扇骨
価格 : 9,680円(税込)
内容 : 扇子×1個、紙筒パッケージ×1個、栞×1個
サイズ : <扇子>
型7寸 18本骨 約21.0cm (開いた状態の幅 約37.0cm)
<紙筒パッケージ>
直径4.0cm 高さ22.4cm
デザイン : 定家 亜由子「月のこもりうた-あき-」画
素材 : 和紙、竹、セルロイド
発売日 : 2020年9月10日
販売サイト: http://www.baisenan.com/products/detail.php?product_id=1721


■定家 亜由子(さだいえ・あゆこ)プロフィール
1982年生まれ、滋賀県の自然豊かな土地に育つ。京都市立芸術大学大学院美術研究科修了。同大学で二年間非常勤講師を務めた後、本格的に日本画の創作活動の道に進む。数々の展覧会で作品を発表。高野山開創1200年となる2015年に高野山真言宗準別格本山惠光院に襖絵七面を奉納。2018年高野山大本山寶壽院襖絵八面奉納。写生を重んじて草花や虫などを描く。


■宮脇賣扇庵について
1823年創業の宮脇賣扇庵は京扇子を専門に扱う店舗です。「賣扇庵」という屋号は日本画家、富岡 鉄斎により命名されました。また店内には竹内 栖鳳、神坂 雪佳、鈴木 松年などの京都画壇の巨匠四十八画伯によって描かれた天井画があり、著名な日本画家とのつながりが深いです。近年は有名ブランドとのコラボレーションや、扇子の親骨に伝統的な漆塗り蒔絵の技法とダイヤモンドを合わせた扇子を発表するなど、注目を浴びています。


■会社概要
社名 : 株式会社宮脇賣扇庵
所在地 : 〒604-8073 京都市中京区六角通富小路東入ル大黒町80番地3
代表者 : 代表取締役 南 忠政
設立 : 1951年12月25日
資本金 : 5,000万円
事業内容: 扇子製造、小売業
URL : http://www.baisenan.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。