配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 85685 (1642)

【深セン(中国)2020年9月21日PR Newswire=共同通信JBN】最新のSAP(R)BWH ベンチマーク・バージョン3において、Huawei FusionServer Pro 2488H V5はイニシャルレコード52億をロードして、同ベンチマークのPhase 2(時間あたりのクエリー実行)で1時間あたり5293クエリーを実行し、4ソケット・サーバーの記録を塗り替えた。

Huawei FusionServer Pro 2488H V5は、2Uスペースに、ローカルストレージ向けの48のDDR4 DIMMと最大25の2.5インチドライブと、4基のインテル(R)Xeon(R)スケーラブル・プロセッサーを搭載し、インテル(R)Optane(TM)パーシステント・メモリー(PMem)100シリーズ上で動作して超大規模なメモリー容量および優れた性能を提供する。

ファーウェイは2012年にSAPのグローバルテクニカルパートナーになり、過去8年間わたりSAPとともに共同開発を行い、優れたHuawei SAP HANAソリューションをリリースしてきた。これらのソリューションはさまざまな業界を強力に支援し、現在は40以上の国・地域のリテール、製造、エネルギー、金融を含む25の業界で使用されている。

Huawei FusionServer Pro 2488H V5のテスト結果の詳細は、SAPウェブサイトhttps://www.sap.com/dmc/exp/2018-benchmark-directory/#/bwh?filters=796990f5-2516-49d7-a5f8-68b4b1172469;6bc6523a-6abc-4c6d-8964-91e7d3b5f5be;4a9e824336e2837bf9081e423d59d5cf;catProc4 を参照。

ソース:Huawei

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。