配信元:@Press

シンプレスジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:孫慶子)が運営するオンラインプリントサービス「ビスタプリント(Vistaprint)」は、株式会社こどもとかめら 代表取締役・フォトグラファー 今井しのぶ氏による七五三フォトブックの作り方をわかりやすく解説した「世界に一つだけ!とっておきの七五三フォトブックを作ろう!」をWebサイトに9月24日より公開しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/227418/LL_img_227418_1.png
七五三フォトブックの作り方-1

世界に一つだけ!とっておきの七五三フォトブックを作ろう!
http://www.vistaprint.jp/hub/how-to-make-pb-by-imai


子どもの成長を祝う七五三は、親にとってかけがえのない特別な記念日です。そんな特別な記念日の想い出を、愛情がたっぷり詰まった1冊のフォトブックにまとめてカタチに残したいと望んでいるお母さん、お父さんが多いのではないでしょうか。

一方で、ご自身で写真やレイアウトにこだわって作りたいと思っても、写真の選び方や配置が難しい、コメントの入れ方が決まらない等、イメージ通りの仕上がりにならないとの声も多く聞かれます。

そこで、ビスタプリントでは、人気フォトグラファー 今井しのぶ氏監修による「世界に一つだけ」シリーズ第2弾となる「世界に一つだけ!とっておきの七五三フォトブックを作ろう!」をWebサイトに公開しました。

「絵本フォトブックの作り方」に続く第2弾「世界に一つだけ!とっておきの七五三フォトブックを作ろう!」では、印象に残る表紙の見せ方からメリハリをつけた写真の配置方法や写真の選び方、コメントのデザインまで、七五三ならではのフォトブック作成のポイントをわかりやすく解説しています。誰でも楽しみながらこだわりの1冊を作ることができ、家族の宝物がまた一つ増えることでしょう。

ビスタプリントのフォトブックは、初心者でも絵本のように美しいフォトブックを簡単に作成することができるため、七五三というお子様の特別な記念日の想い出を美しくカタチに残すことができます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/227418/LL_img_227418_2.jpg
七五三フォトブックの作り方-2

■今井しのぶ氏プロフィール
三重県出身、神奈川県川崎市・横浜市を中心にフォトグラファーとして家族やキッズ撮影を主に活動中。日本写真家協会(JPS)会員、フォトマスター検定 EX取得、EIZOColorEdgeアンバサダー、ケンコートキナーセミナー認定講師。子育てママ向けのフォトレッスンは、延べ3,000名が受講。専業主婦からフォトグラファーになった経験を活かして、難しい言葉を使わず、子どもの写真を可愛く素敵に残すコツなどを伝えている。フォトグラファー養成スクールを運営。メディアへの出演も多数あり。
URL: https://www.kodomotocamera.com/about/


■Vistaprint(ビスタプリント)
北米、ヨーロッパ、オーストラリア、日本など世界25ヶ国以上で展開されているネット印刷通販のブランドです。特に個人事業、スタートアップ、フリーランス(副業含む)のお客様に支持されており、日本では千葉県木更津市に最新鋭の自社工場を構え、日本のお客様のニーズにお応えする高品質な製品をお届けしています。


■会社概要
商号 : シンプレスジャパン株式会社
(英語表記:Cimpress Japan Co., Ltd.)
※旧ビスタプリントジャパン株式会社 2016年3月1日より変更
代表者 : 代表取締役社長 孫 慶子
所在地 : 東京都千代田区麹町6-6 東急四谷ビル5階
設立 : 2014年3月
URL : シンプレスジャパン株式会社 http://www.cimpressjapan.com/
事業内容 : ネット印刷通販事業
主なサービス: ビスタプリントジャパン(Vistaprint Japan)
https://www.vistaprint.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。