配信元:@Press

2020年クリスマスシーズンに、ポップス×オーケストラ競演のフェスティバル「Daiwa House presents billboard classics festival 2020 ~Music has No Border~」(主催:ビルボードジャパン(株式会社阪神コンテンツリンク〔阪急阪神ホールディングスグループ〕本社・大阪市福島区)の開催が決定いたしました!エンタテインメントを通じて豊かな暮らし創りを推進している「大和ハウス工業株式会社」のご協力のもと、東京、西宮の2都市で開催されます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/227993/img_227993_1.jpg
本公演では数多くのシンフォニックコンサートを手掛けてきた藤原いくろうを指揮・音楽監修に迎え、 森口博子、矢井田瞳、藤巻亮太、中川晃教、サラ・オレインら、日本の音楽シーンを牽引するアーティストたちとともに、『生の音楽』が生み出す感動をお届けします。
まさに苦悩の中からも明かりが差し始め、劇場に音楽の響きが戻りつつある今だからこそ、ビルボードジャパンは “Music has No Border” を掲げる藤原いくろうとともに、音楽のジャンルを越えた無限の可能性を信じ、演奏再開を心待ちにしているお客様、公演に関わるすべての人たち、そして未来のエンタテインメントのために、個性豊かなアーティストの歌とオーケストラの迫力ある演奏で、ライブだからこそ味わえる至極の時を提供します。

***

■公演名:Daiwa House presents billboard classics festival 2020 ~Music has No Border~
■開催日時、会場:
【西宮】2020年12月20日(日)16:00開演(15:15開場)
兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
【東京】2020年12月25日(金)19:00開演(18:00開場)
Bunkamura オーチャードホール
■出演(順不同):
【西宮】矢井田瞳、藤巻亮太、中川晃教、サラ・オレイン
【東京】森口博子、矢井田瞳、藤巻亮太、サラ・オレイン
■指揮・音楽監修:藤原いくろう
■管弦楽:大阪交響楽団(西宮)、東京フィルハーモニー交響楽団(東京)

●販売スケジュール
・プレイガイド抽選先行 10/2(金)~10/18(日)
・一般発売 11/7(土)
●チケット料金:
◎劇場観覧チケット:7,800円(全席指定・税込)
◎劇場観覧ペアチケット:15,000円(全席指定・税込)
◎学生券 2,000円(席数限定) ※チケットぴあのみ取扱い(11/7より発売開始)
※本公演では、通常料金に任意で「1000円」「2000円」「3000円」のドネーション(寄付)を追加できる「ドネーションチケット」の販売も行います。
※ドネーションチケットによる寄付金(消費税対象外)は全額、下記3団体へ寄付いたします。
1) ライブエンタテインメント従事者を支援する「Music Cross Aid」基金
2)「日本オーケストラ連盟」を通じた加盟38のオーケストラ団体
3) 日本医師会 指定寄附金「新型コロナウイルス感染症への対応にあたる医療従事者・医療現場への支援」

■特別協賛:大和ハウス工業株式会社
■主催・企画制作:ビルボードジャパン
■後援:米国ビルボード

■お問い合わせ:
【西宮】キョードーインフォメーション 0570-200-888 (平日・土曜 11:00~16:00 日曜・祝日は休業)
【東京】キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)

■公式HP
【西宮】http://billboard-cc.com/classics/bbcf2020nb_nishinomiya/
【東京】http://billboard-cc.com/classics/bbcf2020nb-tokyo/


ビルボードジャパン http://www.billboard-japan.com/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/5833cc6313cf8634d10d3bfdcb45bd659fd34549.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。