配信元:@Press

株式会社トムス・エンタテインメント(本社:東京都中野区 代表取締役社長:竹崎忠 以下トムス)は、『バイオハザード』フル3DCGアニメーション初の連続CGドラマシリーズ化の制作決定情報とティザービジュアルとティザーPVを2020年9月27日に解禁いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/227014/LL_img_227014_1.jpg
ティザービジュアル

家庭用ゲームソフトとして全世界でシリーズ累計出荷本数1億本を超えるサバイバルホラーゲームの金字塔『バイオハザード』がこの度、シリーズ初の連続CGドラマとして制作されることが決定いたしました!
また、190ヵ国以上で1億9,300万人を超える有料メンバーが利用するNetflixにて2021年全世界独占配信も決定!
2017年公開のCG映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』から3年、更なる進化を遂げた未だかつてないフル3DCGアニメーションの映像作品が動き出します。


【作品紹介】
1996年にPlayStationでゲーム第1作が発売され、2021年に25周年を迎える『バイオハザード』シリーズ。今なお進化を続けるシリーズの歴史に新たな名を刻む本作のタイトルは『BIOHAZARD:Infinite Darkness』(読み:『バイオハザード:インフィニット ダークネス』)。
製作・原作監修には数々の『バイオハザード』シリーズを世に送り出したカプコンの小林裕幸プロデューサーが参加。制作プロデュースにはトムス、『バイオハザード:ヴェンデッタ』で制作プロデューサーを務めた宮本佳率いるQuebicoがフル3DCGアニメーション制作を担当します。
本作では人気キャラクターのレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの2人を軸に物語が展開するホラーアクション作品。ダイナミックなアクションシーンにサスペンス要素も加わった、誰も見たことのない『バイオハザード』の世界を描きます。


【本作の制作決定に合わせティザービジュアルとティザーPVも初解禁!】
ティザーPV
URL: https://www.youtube.com/watch?v=9gQaF93X36E

ティザービジュアルでは、数々の死線をくぐり抜けてきたレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドが血染めの壁を背に、新たな脅威に立ち向かう静かな決意の姿が描かれています。


さらにこの度、解禁となったティザーPVでは、闇夜に佇む廃屋に足を踏み入れ“なにか”を発見してしまうクレアや暗闇で“誰か”を助けるレオンの雄姿が…。漂う埃の1つ1つや、緊張感のあるキャラクターの表情など、実写と見紛うばかりのハイクオリティな映像で冒頭から高い緊迫感!ヘッドホン着用で恐怖倍増!と本作への期待感を煽ります。
今度の敵は誰なのか?サブタイトル『Infinite Darkness』の指す意味とは?今後のNetflix 全世界独占配信『バイオハザード:インフィニット ダークネス』の続報にご期待ください。


【作品概要】
■正式タイトル:『BIOHAZARD:Infinite Darkness』
(注:「BIOHAZARD」はすべて大文字、コロンは全角、「Infinite」と「Darkness」の間は半角空き)
(読み:『バイオハザード:インフィニット ダークネス』)

■配信日 : Netflixにて2021年より全世界独占配信
■原作・製作・監修 : 株式会社カプコン
■フル3DCGアニメーション制作: Quebico
■制作プロデュース : トムス・エンタテインメント
■コピーライト : (C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
■Netflix作品ページ : https://www.netflix.com/biohazard_anime


【『バイオハザード』シリーズ】
1996年に1作目「バイオハザード」がPlayStationで発売され、絶望的な状況から、武器やアイテムを駆使し生還していくという“恐怖”をゲームで見事に再現し、「サバイバルホラー」という新しいゲームジャンルを開拓した名作シリーズ。家庭用ゲーム機や携帯アプリなどで140作品以上もの商品展開がされているカプコンの人気コンテンツ。世界中で多くのファンを生み出し、その販売累計本数は全世界で1億本を超える。2021年には発売25周年を迎え、ゲーム最新作『バイオハザード ヴィレッジ』の発売を控えている。


■カプコン
1983年の創業以来、ゲームエンターテインメント分野において数多くのヒット商品を創出するリーディングカンパニー。代表作として、「バイオハザード」、「モンスターハンター」、「ストリートファイター」、「ロックマン」、「デビル メイ クライ」などのシリーズタイトルを保有しています。
本社は大阪にあり、米国、イギリス、ドイツ、フランス、香港および台湾に海外子会社があります。
http://www.capcom.co.jp/


■トムス・エンタテインメント
トムス・エンタテインメントは、クリエイティブとビジネス・プロデュースの両立により、IP(知的財産)創出からお客様満足度の向上まで、「アニメーション制作事業」「映像ライセンスビジネス」「コンテンツビジネス」を軸に、ワンストップで推進する総合力を有しています。また、『ルパン三世』『それいけ!アンパンマン』『名探偵コナン』に代表される国民的アニメ作品の継続的な制作と、累計420作品・エピソード数12,000話を超えるライブラリーをグローバル・ビジネスへとつなげています。


■Quebico
Quebicoは『バイオハザード:ヴェンデッタ』を始めとするフル3DCG長編アニメーション、及びハイエンドゲームムービーなどの制作を手掛けてきた宮本佳が、新しいスタイルのフル3DCG映像制作を模索するために2017年に設立したまだ新しいスタジオです。
蓄積された映像制作のナレッジと独自で開発したクラウドベースの制作基盤を武器に、これまで大手のスタジオでしか制作し得なかったハイエンドのフル3DCGアニメーションを国内外の優秀なクリエーターとのコラボレーションで作り上げていくスタジオです。


■Netflix(ネットフリックス)
Netflixは、190ヵ国以上で1億9,300万人を超える有料メンバーが利用するエンターテインメントに特化した世界最大級の動画配信サービスです。各種受賞作を含む幅広いジャンルのシリーズやドキュメンタリー、長編映画などを多くの言語で配信しています。あらゆるインターネット接続デバイスで、好きな時に、好きな場所から、好きなだけ映画やシリーズを楽しんでいただけます。また、一人ひとりの好みに合わせた作品をおすすめする独自の機能により、観たい作品が簡単に見つかります。広告や契約期間の拘束は一切ありません。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。