配信元:@Press

株式会社三友システムアプレイザル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:堂免 拓也)は、当社と提携する不動産鑑定士165名を対象に行ったアンケートをもとに、三友地価予測指数(2020年9月調査)を発表いたしました。
また、今回は、増え続けるタワーマンションの現状と今後の課題についてアンケートを実施。寄せられた多数の意見も併せて紹介しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/227076/LL_img_227076_1.png
三大都市圏 地価予測指数<商業地>・トピック調査

調査結果詳細(さんゆう資料室)
https://ssri.sanyu-appraisal.com/SSRI/land_prices_questionnaire/r2-8

※三友地価予測指数とは、当社と提携する不動産鑑定士へのアンケート結果をもとに、地価動向の見方について強気・弱気の程度を指数化し、5段階で評価したもので、毎年3月と9月に配信しています。
※さんゆう資料室は当社作成の各種レポートをご紹介しているサイトです。


■調査結果概要
<商業地:東京圏と大阪圏では下落基調が強まり、名古屋圏も引き続き下落基調にある。>
商業地指数の「現在」は、東京圏が44.1、大阪圏は35.7、名古屋圏は33.4となりました。前回(6月の緊急調査)との比較では、東京圏が47.6から下落、大阪圏も40.2から下落、名古屋圏は25.0から上昇しましたが、下落傾向にあることに変わりはありません。また、「先行き」は東京圏が33.5、大阪圏は30.3、名古屋圏は27.1と、地価はさらに下落するリスクが高まっています。

夏場には勢力を弱めることが期待された新型コロナウイルスですが、1日あたりの感染者数は8月に過去最高を更新し、現在も小康状態が続いています。これから冬場にかけて、感染者数が再び増加すれば、重症者が増えて医療体制に過度な負担がかかる心配があります。

不動産市場では、新型コロナウイルスの感染拡大から半年以上が経過し、様々な変化が生じ始めています。一番の特徴は、アセットタイプによってダメージの程度が大きく異なっていることです。最も大きなダメージを受けたのは、ホテルと店舗(特に飲食店)です。ホテルは、客室単価を下限まで下げても稼働率が上がらないケースが多く、店舗は都市部を中心に解約や家賃の減額交渉が多発しています。逆に、ダメージが少ないのは物流施設と住宅です。特に、物流施設はもともと高齢化社会の進展に伴ってニーズが高まっていましたが、在宅勤務の普及や実店舗から客足が遠のいたことを受けて、今後も市場は拡大する見込みとなっています。
住宅に関しては、もともと消費増税の影響で新築物件の売れ行きは鈍っていましたが、現時点では販売価格や賃料水準に大きな変化はなく、市場では様子見の状態が続いています。最後にオフィスですが、東京ではコロナ以前から今後の大量供給によって賃料は10~15%下がるとの見方が大勢を占めていました。さらに、コロナ禍で企業業績が悪化すれば、賃料は当初の予想を超えて下がる可能性も否定できません。


<住宅地:全体として下落基調は弱まっているが、先行き不透明感が強まっている。>
住宅地指数の「現在」は、東京圏が47.4、大阪圏は48.2、名古屋圏は47.9となりました。前回(6月の緊急調査)との比較では、東京圏が42.0から上昇、大阪圏も44.6から上昇、名古屋圏も39.3から上昇しましたが、下落傾向にあることに変わりはありません。また、「先行き」は東京圏が35.9、大阪圏は38.4、名古屋圏は33.4と、地価の不透明感が強まっています。

この数年、なかなか前に進まない空き家の問題ですが、在宅勤務の普及を契機として空き家をオフィス住宅として活用することはできないでしょうか?デベロッパーや建売業者も、これから新築物件を仕込むくらいなら、空き家を中心とする中古住宅の再生にも目を向けてほしいと思います。


■調査概要
調査方法 :インターネット調査
調査期間 :2020年8月3日~8月31日
調査対象者数:当社と提携する全国の不動産鑑定士165名
対象者内訳 :東京圏 39名 [東京・神奈川・埼玉・千葉]
大阪圏 28名 [大阪・京都・兵庫・奈良]
名古屋圏 12名 [愛知・三重]
その他の地方圏 86名 [上記以外]

指数算出方法:商業地、住宅地のいずれも各都道府県の主要都市における地価動向を先行的に表し易い高度利用地等の地域を前提として、上昇・やや上昇・横ばい・やや下降・下降の5段階で評価された地価動向の各回答者比率に100~0までを5段階に分けた係数を乗じてその和を求めた。地価動向の「現在」については過去6カ月間の推移、「先行き」については6カ月程先に向けた動向を示す。なお、本指数は地価動向の見方について強気・弱気の程度を指数化したものであり、各圏域の地価水準を表すものではない。50ポイントが強気・弱気の分かれ目となる。また、各圏域内のすべての地域で指数が示すとおりの同一の地価動向となる訳ではなく、それぞれの地域間で差異がある。


■会社概要
商号 : 株式会社三友システムアプレイザル
代表者 : 代表取締役社長 堂免 拓也
所在地 : 〒102-0093
東京都千代田区平河町1丁目2番10号 平河町第一生命ビル4F
設立 : 1980年5月
資本金 : 100百万円
事業内容 : 不動産鑑定評価・不動産調査・動産評価・業務支援サービス
国内提携先 : 不動産鑑定士370名 不動産調査員250名(令和元年)
年間取扱件数: 19,697件(海外61件)
※令和元年「事業実績等報告」(国土交通省)に基づく
URL : http://www.sanyu-appraisal.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。