配信元:@Press

jig.jpグループ株式会社B Inc.(本店:福井県鯖江市、代表取締役社長:福野 泰介、以下B Inc.)は、こども向けプログラミング教育ツールソフトウェアとして開発した『IchigoJam BASIC(イチゴジャム ベーシック)』のver1.4.3を、累計1,000ライセンスを突破したSkyBerryJAM用の記念ファームウェアと共に、2020年9月28日よりリリースします。
あわせて、株式会社ナチュラルスタイル(本社:福井県福井市、代表:松田 優一)が提供しているIchigoCake BASICもver1.4.3にバージョンアップされます。


■IchigoJam BASICとは
IchigoJam BASICは、LEDを点けたり消したりするプログラミングの初めの一歩から、ゲーム作りなどを1時間程度のワークショップで体験できる、プログラミング学習用に開発されたOSです。

現在、IchigoJamは、福井県鯖江市全小中学校や高専のオープンキャンパスを始めとしたさまざまな教育現場にて活用され、株式会社ナチュラルスタイルが監修するタミヤロボットスクールのプログラミングコースに導入されるなど、各種プログラミングの教育の場に採用されており、2020年7月時点で発行ライセンス数は65,536を超えています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/227608/LL_img_227608_1.png
IchigoJam BASIC

今バージョンでは、ILI9341液晶ディスプレイモジュールで表示する専用ファームウェアを公開。画面込みでの組み込みデバイス作りや、自作の一体型パソコン作りに便利です。
参照: https://fukuno.jig.jp/2846

また、事前に作成した課題ファイルでプログラミング学習してもらう際や、イベントなどでプログラム展示する際などに、意図しないファイルの上書きを防止するリードオンリーファームウェアもご利用いただけます。


■SkyBerryJAMとは
「SkyBerryJAM(スカイベリージャム)」1,000ライセンス突破記念のカスタマイズファームウェアでは、オリジナル起動画面と初期動作確認用のテストプログラムが付いております。

SkyBerryJAMとは、2015年に栃木県立栃木工業高等学校(栃木県栃木市、学校長:近藤 正)にて起業家精神育成事業の取組みとして高校生が開発し、2017年に一般商品化されたIchigoJam互換機です。

栃木工業高等学校では、さらに、「課題研究」の科目や「部活動」などを通し、自校で開発したこのSkyBerryJAMを用いて、高校生が先生役となり小学生に直接指導を行うプログラミング出前講座を2016年から栃木県内の小学校を中心に行っております。
指導内容も学生同士で話し合いブラッシュアップすることで、自身の成長にも繋がるものとなっており、こども達へのプログラミング教育が進められている中で、指導者不足が課題となっている昨今、新たなモデルにもなるようB Inc.として今後も活動を応援できたらと考えております。

SkyBerryJAMは高校の電子工作やプログラミング教材としても活用されています。
SkyBerryJAMサイト
http://www.tochigi-edu.ed.jp/tochigikogyo/nc2/?page_id=212

なお、IchigoJamとサウンドグラボの「PanCake」が合体した「IchigoCake」もver1.4.3にバージョンアップされます。
IchigoCakeでは、通常のIchigoJamとしての利用に加え、カラフルなグラフィックや多彩な音を利用でき、プログラム容量も4KB(IchigoJam BASICの4倍)に拡張されているので、より幅広くより高度なプログラミングをお楽しみいただけます。

IchigoCakeサイト: http://ichigocake.shizentai.jp/
PanCakeサイト : http://pancake.shizentai.jp/


B Inc.では今後もより一層プログラミング教育への支援や協力に努めて参りますので、お気軽にお問い合わせください。
IchigoJamプログラミング教育参考サイト: https://ichigojam.net/edu/
栃木工業高等学校にて開発された「SkyBerryJAM」
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/227608/LL_img_227608_2.png
SkyBerryJAM

栃木工業高校生によるプログラミング出前講座の様子

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/227608/LL_img_227608_3.png
栃木工業高校生によるプログラミング出前授業

■バージョン1.4.3変更点
主な変更点
・外部液晶(ILI9341)対応ファームウェアの公開
※IN1/2/4が使用不可となります
・リードオンリーファームウェアの公開(ファームウェア書き込み時にプログラムを添付、または、プログラム書き込み後にファームウェアを書き込み)
・IOT.OUTのバイナリデータ送信時のチャンネルをIOT.OUTの数値送信時と同じチャンネル0に変更
・栃木工業高校による互換機 SkyBerryJAM 1,000ライセンス記念ファームウェアの公開


■バージョンアップ方法
方法1. 公式サイトからファームウェアをダウンロードしご自身でバージョンアップ
方法2. PCNの有償バージョンアップサービスを利用( https://pcn.club/products/ichigojam/ )


■IchigoJamのライセンス契約について
IchigoJam BASICを譲渡(有償無償は問わない)目的で利用する際には1ライセンス(販売数)につき150円(税別)が必要です。詳しくは当社問い合わせ窓口までご連絡ください。

IchigoJam公式サイト: https://ichigojam.net/


■製品に関するお問い合わせ・お申込み: ichigojam@jig.jp

【会社概要】
社名 : 株式会社B Inc.(ビーインク)
URL : https://www.b-incorp.com/
所在地 : 【本店】福井県鯖江市新横江2-3-4 めがね会館8F
【本社】東京都渋谷区千駄ヶ谷5-23-5 代々木イースト4F
代表者 : 代表取締役 福野 泰介
事業内容: IchigoJamに関連する知財管理、プログラミング学習に関する企画

※ 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。