配信元:@Press

オーダーメイド革製品店Lilyleather Design(所在地:大阪府大阪市、代表:大城 秀林)は、沖縄県で収穫された甘くてジューシーな“ピーチパイン”で作ったコンフィチュール「L‘HOURI」を、2020年11月1日より販売開始いたします。
ジャム、フロマージュ、チョコの3種展開となっており、そのまま食べるのはもちろん、肉・魚・野菜など色々なお料理を引き立てるソースとしてもお使いいただけます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/228118/LL_img_228118_1.png
沖縄西表島のピーチパインコンフィチュール

現在はクラウドファンディングにて先行予約販売中
https://www.makuake.com/project/peachpine/


【「L‘HOURI」開発の背景】
「L‘HOURI」は、当社 代表 大城の故郷である沖縄県で、大城の叔父の友人が始めた西表島の農園で収穫され、小さくて廃棄するしかなかったピーチパインを原材料として製造しております。
Lilyleather Designはこれまでオーダーメイドを中心に革製品の開発・製造販売を行ってきましたが、ステイホームが中心の生活をしている日本中の方々に向けて、いつもの食卓を彩り、家族が笑顔と幸せに包まれる【大人の家飲み】をテーマに、この度「L‘HOURI」を開発いたしました。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/228118/LL_img_228118_7.jpg
出荷されない小さなサイズ使用

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/228118/LL_img_228118_8.jpg
桃のかおりと、甘味が詰まった

【「L‘HOURI」の特長】
1.3種類の味
ジャム :ピーチパインのみで作られた贅沢なジャム
フロマージュ:ナチュラルチーズの酸味とピーチパインの甘味の絶妙なコラボ
チョコ :ベルギー産の良質なカカオマス【カレボー】とピーチパインの贅沢チョコ

2.お料理のソースのレシピもご提案しております。
手軽にそのまま食べても美味しいけれど、ちょっとひと手間でおしゃれなソースになります。
レシピはオフィシャルホームページにてご紹介しております。

3.革屋らしく、本革コースターを3種のコンフィチュールと一緒に詰め合わせました。

4.革屋が何故ピーチパインに拘ったのか?
故郷沖縄で収穫された小さなピーチパインの廃棄ゼロを目指し故郷に貢献したい!昨年はピーチパインのままで顧客様のみに販売しましたが、食べごろ時期が短く販売できる期間が限られており宣伝もお届け作業も大変でした。今年は新型コロナの影響でお客様への宣伝や配達する為にお会いする事は難しく、瓶詰めの加工品にして販売する事となりました。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/228118/LL_img_228118_9.png
革屋の挑戦

【「L‘HOURI」の概要】
名称 : 「L‘HOURI」
販売開始日 : 2020年11月1日
(9月8日よりクラウドファンディングにて先行販売開始)
販売料金 : 3種各1個・本革コースター2枚 セット価格4,950円(税込)
原材料 : [ジャム]
西表島産ピーチパイン・グラニュー糖・レモン果汁
[フロマージュ]
北海道産ナチュラルチーズ・西表島産ピーチパイン・
砂糖・レモン果汁
[チョコ]
生クリーム・西表島産ピーチパイン・グラニュー糖・
カカオマス・蜂蜜・レモン果汁
内容量 : 110グラム
販売店 : Lilyleather Design
商品ページURL : https://lily-design.com/lhouri-2/


■会社概要
商号 : Lilyleather Design
代表者 : 代表 大城 秀林
所在地 : 〒532-0001 大阪府大阪市淀川区十八条2-16-16-33
設立 : 2009年9月
事業内容 : 革製品の製造・販売
オフィシャルURL: https://lily-design.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。