配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202009294994-O1-jVdqyVWu

AsiaNet 85744



自宅で学ぶ子供の学習チェア「Sidiz Ringo」

【ソウル(韓国)2020年9月25日PR Newswire】政府、民間企業、学校が定めた家庭学習方針が世界各地で見受けられる中、座り心地のいいチェアの需要も劇的に増大している。在宅勤務とオンラインクラスはたちまち、ダイナミックで進化する新たな社会経済的現実の中心的特徴になりつつある。韓国の人間工学的な家庭・オフィス用チェアメーカーのSidizは、子ども用チェアの「Ringo(リンゴ)」を発売した。調整可能な丸形デザインを活用して、伸び盛りの子どもの健康な座り癖を促す。

人間工学的なオフィス家具を製造してきた長年の研究と経験がRingoに適用された。特に自宅で学ぶ子ども用にデザインされ、正しい姿勢、適切な高さで楽に座れるようになっている。 Ringo の主な調整機能は次の通り:

*子どもの成長ニーズに適合してさまざまな体形に合う4段階まで調整可能な背もたれの高さと座面の深さ
*座っている状態ではキャスターが動かず、子どもの集中力を高める自動ロックキャスター
*多様なカラーオプションとキャラクターテーマの布張りカバー

Sidizは世界的によく知られている優れた椅子専門ブランドで、トレンドをリードする人間工学的な椅子をデザインするブランドである。SidizはAmazon USAで目覚ましい成長を記録し、2020年上半期に売り上げを前年同期比で約400%伸ばした。多くの顧客がSidizを待ち望んでいることから、この成長は世界で続く見通しである。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200923/2922928-1



(日本語リリース:クライアント提供)




徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。