配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 86166 (1889)

 
【プネ(インド)2020年10月19日PR Newswire=共同通信JBN】
*1億以上のダウンロードと1000万以上の月間アクティブユーザーを擁する
*Naturilus Mobileは幅広い人気があり、受賞歴のあるReal Cricket(TM)フランチャイズとして知られている
*今回の買収は、本物のクリケットアクションを提供するプレーヤーの能力とリアルタイムコンペティションの両方を組み合わせ、ジェットシンセシスが世界最大かつ最も人気のあるスキルベースのクリケットゲーマー・コミュニティーをリードできるようにする

ゲーミング、デジタルエンターテインメント、インタレストベース・ソーシャルコミュニティーのプラットフォームで世界進出する新時代のデジタルエンターテインメントおよびテクノロジー企業であるジェットシンセシス(JetSynthesys)(https://www.jetsynthesys.com/ )は、モバイルゲーム開発スタジオNautilus Mobile(https://www.nautilusmobile.com/ )の100%買収を発表した。プネを本拠とし、高品質のクリケットゲームの開発とパブリシングに専念する企業のNautilus Mobileは、幅広い人気を誇る受賞歴のあるReal Cricket(TM)フランチャイズのクリエーターである。この買収によって、ジェットシンセシスは1億以上のダウンロードと月間アクティブユーザー(MAU)1000万以上の熱烈なコミュニティーを擁する世界第1位のスキルベースのクリケットゲーミング・フランチャイズとしての地位を確固たるものにする。

ジェットシンセシスは、世界のクリケットコミュニティーで強固な基盤がある。同社はSachin Tendulkarとの独占ジョイントベンチャーを通じ、VRバージョンでも入手可能な没入型モバイルゲームSachin Saga Cricket Championsなどの人気ゲームの開発を支援し、ユーザーが伝説のMaster Blaster、100MBとしてプレーできるようにしている。これは、活気のあるキャプティブなソーシャルコミュニティーを備えたこの種では初のデジタルデスティネーションで、Sachinファンが共通のプラットフォームに集まる。Nautilus Mobileの買収によって、同社は今後2年間でオーディエンスを大幅に拡大することができる。これは、インタレストベースのコミュニティーにおける2億以上のクリケットファンで構成されるジェットシンセシスの強力な著名クリケットエコシステム、ならびに本物のクリケットアクションとリアルタイムコンペティションを提供する両社の統合能力を結集し、ゲーミングプラットフォームでクリケットをプレーする様式をジェットシンセシスがリードすることを可能にする。

ジェットシンセシスのRajan Navani副会長兼マネジングディレクターは買収について「われわれジェットシンセシスは、最も没入型の熱中できる数々のゲーミング体験を顧客に提供してきた。特にスポーツに関しては、クリケットはインドで広範な人気を集めており、当社の最重要スポーツになっている。Nautilus Mobileの買収によって、われわれのコミュニティーはさらに拡大し、スキルベースのクリケットゲーミングで世界をリードする地位を固めることができる。これはほんの始まりにすぎない。オンラインゲーミング業界は急成長しており、今回の買収は、クリケットeスポーツへの進出を深めるという当社の計画の口火を切るものでもある。われわれは、待望のT20 Cricket World Cupにつながる今後12カ月間のエキサイティングな多数のトーナメントを発表し、われわれが結集した1億人のゲーマーというこの広大なコミュニティーとかかわり合っていく」と語った。

ジェットシンセシスは創業以来、ゲームに多数のイノベーションを導入し、インドのゲーミング業界を根本的に変革してきた。同社のゲーミング部門は、Sachin Saga Cricket Champions、Sachin Saga VR、Being Salman、Super Ludoなどのゲームを開発し、ハリウッド映画の「パッセンジャー」や Floyd Mayweatherなどとのパブリシング提携を築いた。また同社は最近、WWEとの独占提携を発表し、最上のモバイルアクション、スポーツ、レーシングを特徴とするユニークでエネルギッシュな車両戦闘ゲームのWWE Racing Showdownを開始した。最先端かつ人気のあるゲームの自社開発に加え、ジェットシンセシスはインドで最も成功を収めたeスポーツ企業Nodwin Gamingを共同創設した。Nodwinはこの数年間で、eスポーツ分野で大幅拡大し、わずか4年間で約10億インドルピーの収益まで成長することに成功した。

詳細はウェブサイトhttps://www.jetsynthesys.com/ を参照。

▽ジェットシンセシス(JetSynthesys)について
ジェットシンセシス(https://www.jetsynthesys.com/ )は、世界クラスの製品、プラットフォーム、サービスのポートフォリオを擁する新時代のデジタルエンターテインメントおよびテクノロジー企業であり、インドや世界中の数十億の消費者のデジタルライフに影響を与えることを目指している。人工知能、機械学習、ブロックチェーン、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)の高度な能力を活用し、ジェットシンセシスはゲーミング、健康、フィンテック、音楽、デジタル&ソーシャルエンターテインメントにわたる多様な事業部門を通じ、現在、世界の数百万のユーザーと100を超えるクライアントにサービスを提供している。プネに本社を置き、日本、欧州連合、米国、インドにオフィスを構えるジェットシンセシスは、クラス最高の技術およびクリエーティブ人材を擁し、世界でデジタルエコシステムを構築し、それらを結び付けることに努めている。

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1315039/JetSynthesys_Logo.jpg

ソース:JetSynthesys Private Limited

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。