配信元:@Press

株式会社SoooooS.カンパニー(本社:東京都中央区、代表取締役:木村 有香)は、2020年10月28日(水)~11月3日(火)の期間、大丸東京店にて「そのお買いものが世界を変える~私のSDGsは、ソーシャルグッドを選ぶこと~」をテーマに、ポップアップストアをオープンします(共催:一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会)。

人や地球にやさしい暮らしのためのオンライン・ショッピングモール「SoooooS.(スース)」を運営するSoooooS.カンパニーは、昨年11月に続き、SDGsをテーマに大丸東京店でポップアップストアを開催します。当社調査によると、「商品のストーリー(生産者の想いなど)」や「人や地球に対する配慮」を積極的に発信することがSDGsの達成につながる商品の消費促進につながることが分かっています。(詳細はこちらです。2020年6月リリース https://www.atpress.ne.jp/news/214498 )。コロナ禍で多くの生活者が暮らしや消費の在り方を見つめ直すなか、本ポップアップストアでは、生産者や作り手の顔がみえ、ストーリーを感じることのできるSDGs時代のお買いものを提案します。


■出店概要
出店場所:大丸東京店 9階「イベントスペース」
〒100-6701 東京都千代田区丸の内1-9-1
出店日時:2020年10月28日(水)~2020年11月3日(火)
10時~20時 (最終日は19時まで)


■主な取扱いブランド・商品(ソーシャルプロダクツ)
本ポップアップストアでは、日本初の販売となる注目のグローバルブランド<MADE51>のほか、国内の熟練の職人の手によるオーガニックコットンの衣類やあたたかなアルパカのファッション雑貨、老舗傘メーカーがつくるユニークなアップサイクルの傘、ペルーとエクアドルの作り手たちとのコミュニケーションで生まれる天然素材タグアのアクセサリー、オーストラリアのファミリーがつくるナチュラル素材で繰り返し使えるエコラップなど、SoooooS.がセレクトした魅力あるソーシャルプロダクツを一堂にご紹介します。

<MADE51/メイド フィフティーワン>
難民の自立支援を目的としてUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)が立ち上げたグローバルブランド。難民が持つ伝統的な革細工や刺繍の技術と、洗練されたデザインが融合した商品は、難民たちが継続的な収入を得て、尊厳を持って生きることにつながります。今回、マレーシアに住むミャンマーやシリア、アフガニスタンからの難民がつくる、刺繍入りのアクセサリーなどをご紹介します。日本で初めての実物販売です。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/231457/LL_img_231457_1.jpg
MADE51

<JUBAN DO ONI/ジュバンドーニ>
クラリネット奏者 黒川 紗恵子氏が2015年に立ち上げたオーガニックコットンインナーブランド。GOTSオーガニックコットン認証生地を使った、素材だけでなく体に負担をかけない形も追求した下着です。縫い目を表側にすることで肌へのストレスを軽減するほか、女性の身体を想った発想による細部へのこだわり。インドとタンザニアで展開されている「bioRe PROJECT」から生まれた、人と環境に優しいオーガニックコットン生地を使った新商品「FEEL」シリーズは身につけていることを忘れる着心地です。「FEEL」からはブラジャーとボクサーパンツを販売します。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/231457/LL_img_231457_2.jpg
ジュバンドーニ

<プラスニド>
冷えに悩んでいる女性の「体感温度を2度上げる」をコンセプトにしたオーガニックコットンのはらまきです。GOTS認証オーガニックコットン糸を2種類のアナログ機械を使い、はらまき一筋約50年の職人が1枚ずつ微調整しながら編み込んでいるため、ふんわりしたやさしい風合いが特長。秋専用に開発した独自のメッシュ状の編み込みで、伸縮性、通気性もよく、蒸れにくく、圧迫感や締めつけ感もありません。キッズサイズも販売します。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/231457/LL_img_231457_3.jpg
プラスニド

<明日 わたしは柿の木にのぼる>
デリケートゾーン専用のフェミニンケアブランド。中心となる原料は、福島県国見町の農家の方々が栽培した平種無柿と蜂屋柿です。柿渋には消臭・抗菌作用などがあり、古くから生活の知恵としてさまざまな用途に用いられてきました。この知恵に着目し、平種無柿と蜂屋柿の果皮から抽出した成分と、厳選した植物由来成分を配合したシンプルな処方。「私たちが考える女性のライフスタイルそのものを表している」という開発者の想いが込められたブランド名に、多くの女性が共感します。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/231457/LL_img_231457_4.jpg
明日 わたしは柿の木にのぼる

<ファーメンステーション>
岩手県奥州市の休耕田を耕して育てた有機JASオーガニック米を、丁寧に発酵・蒸留して作るアルコール(エタノール)と、米もろみ粕などを用いたコスメと雑貨のブランド。生産者の顔のわかるトレーサブルな素材を使用し、天然成分100%へのこだわり、環境配慮のある容器の使用、つくる過程でごみを出さない取組みなど持続可能な社会づくりに貢献する商品です。2020年10月にリリースされた化粧品クオリティーのハンドスプレー(アルコール濃度70w/w%)(商品名:ファーメンステーションオーガニック認証ハンドスプレー)も販売します。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/231457/LL_img_231457_5.jpg
ファーメンステーション

<森のタンブラー>
使い捨てプラスチックカップを減らしたい、そんな想いから生まれた本格派のビアタンブラー。植物繊維を主成分にした、環境にやさしいカップです。自然由来の手触りと香りが楽しめ、軽くて丈夫。植物繊維由来の細かな凹凸がビールに最適なきめ細かな泡を作ります。セルロースファイバー入り、国産ヒノキ間伐材入り、アサヒビールモルト焙煎麦芽の穀皮入りなど3種類を販売。ポップアップでは毎回品薄になる人気商品です。※ソーシャルプロダクツ・アワード2020【年度テーマ】「生活者審査員賞」受賞。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/231457/LL_img_231457_6.jpg
森のタンブラー

<SoooooS. ほっとけーち>
当社のママスタッフを中心に開発したオリジナル商品。北海道産の小麦粉を使い、アルミニウムフリーのベーキングパウダーを用いた、やさしい甘さのホットケーキミックス粉。余計なものを加えず、赤ちゃんから大人まで安心して美味しく食べられるように、素材にこだわってつくりました。発売からわずか1年で15,000食を達成した人気商品です。(2019年3月リリース https://www.atpress.ne.jp/news/179580 )
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/231457/LL_img_231457_7.jpg
ほっとけーち


■上記のほかに様々なブランド・メーカーの商品を取り揃えております。
【crep(クレプ)】
<環境配慮> レジャーシート/日本

【JOEL(ジョエル)】
<フェアトレード> アクセサリー、マフラー/南米

【tokotowa organics(トコトワオーガニクス)】
<オーガニック> パフューム/日本 ☆ご購入者限定プレゼント有☆

【NADELL(ナデル)】
<オーガニック> 衣料品/日本

【パルシック】
<オーガニック、フェアトレード> 食品/東ティモール、スリランカ

【Bee Eco Wrap(ビーエコラップ)】
<オーガニック> キッチン雑貨/オーストラリア

【+RING(プラス リング)】
<環境配慮> 傘/日本

【MAITE(マイテ)】
<フェアトレード> 衣料品/ペルー

【MUJUS(ムフス)】
<フェアトレード> アクセサリー/ペルー


■一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会
http://www.apsp.or.jp/
ソーシャルプロダクツの普及・推進を通じて、生活者や企業などと共に、持続可能な社会の実現を目指す。今年で8回目となるソーシャルプロダクツ・アワード2021を開催。


■株式会社SoooooS.カンパニー
ソーシャルプロダクツ(エコ・環境配慮やオーガニック、フェアトレード、寄付つき、地域や伝統に根差したものなど、人や地球にやさしい/配慮のある商品・サービス)のオンライン・ショッピングモールSoooooS.(スース http://sooooos.com )を運営。

所在地:東京都中央区銀座5丁目12番5号 白鶴ビルディング3階
代表者:代表取締役 木村 有香


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。