配信元:@Press

セレン・トセンド株式会社(本社:宮城県仙台市泉区、代表取締役:丸山 マナブ、以下 当社)は、当社、女性デザイナー全員が現場作業をすることにより、好感度・売上・モチベーション、トリプルUPをいたしました。(当社比)

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/230588/LL_img_230588_1.jpg
女性デザイナー、一同現場集合写真


「セレン・トセンド」
https://serentsend.com/


【提供の背景】
当社は、一般家屋の外構工事を請負う会社です。工事内容の大半が土木作業で、その土木作業従事者の9割以上は男性を占めています。時折、土木建設現場で女性の姿が見られますがその殆どが現場管理職が現状です。つまりホワイトカラー職兼任で実際の作業に従事しているものは皆無状態です。そこで今回、業界のイメージを一新すべく当社では女性エクステリアデザイナー全員に現場作業にも従事してもらいました。


【女性デザイナーの現場作業 概要】
<特長>
通常、一般家屋の外構工事を依頼した際、請負業者(営業)と外注施工業者(施工職方)は別人物が対応いたします。そのため行き違いや勘違い施工が発生しちょっとしたトラブルに発展することも珍しくありません。またそういった事態を回避しようと自社職人に営業~施工までを一任させる会社もありますが、その“職人気質”(押付けがましい面)が逆にトラブルを招くケースもあります。そこで当社は女性ならではの“物腰の柔らかさ”と“繊細”さを実際の現場に活かす取り組みを始めました。
結果、女性スタッフが営業~施工を一貫して担当することにより「気軽に相談することができた」「私(ご主人)が仕事に出て妻と子供だけでも安心できた」「工事期間中の良い思い出になった」「女性のデザイナーさんが現場で作業をしているのを見て凄く好感がもてた」「近所の方にも愛想よく気軽に挨拶をしていて皆から好評だった」等々・・・。数多くのお喜びの声を頂戴するようになりました。また、女性デザイナー側も「実際の現場施工をしたお陰で作業の効率性等もデザインに反映出来る様になり以前よりもお客様に喜んで頂けるようになった」「現場での作業はもちろん苦労もあるが自分で書いた図面を実際に現場でつくる醍醐味は何ものにも代えがたい。
今まで職人さんに任せっきりにしていたのが勿体なかった」等、スタッフ自体のモチベーションもUPしました。コロナ禍中で業績不振の中、女性の現場起用に一筋の活路を見出しました。


<特典>
今回、業績UP利益還元として、先着220組様限定でカーポート/フェンス等のアルミ商材をメーカー表示定価の半額でご提供いたします。
※取付け工賃別途。
※一部メーカー及び商品を除く。
※転売目的での購入は固くお断り致します。

<価格(税別)>
要相談

<詳細・申込>
URL: https://serentsend.com/


■会社概要
商号 : セレン・トセンド株式会社
代表者 : 代表取締役 丸山 マナブ
所在地 : 〒981-3215 宮城県仙台市泉区北中山4-39-10
創業 : 2005年5月
設立 : 2015年3月
事業内容: 外構・エクステリア設計・施工・コンサルティング
URL : https://serentsend.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。