配信元:@Press

通信制の八洲(やしま)学園大学(運営:学校法人八洲学園、学長:水戸部 優子)にて、2020年度春の入学者全体のうち、50歳以上のシニア層が全体の3割を占めていたという結果が出ました。図書館司書や学芸員などの国家資格の他、大学卒業を目指す入学者が増えています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/230197/LL_img_230197_1.jpg
2016年~ 50歳以上の入学者割合 グラフ

【背景】
通信制の八洲学園大学では2012年より50歳以上を対象とした「シニア割引」を開始し、シニア層の学び直し支援を進めてきました。入学者は年々増加し今春の入学者の約3割が50代以上となりました。今秋はさらに増える見込みです。


【シニア割引とは】
本学は履修する科目数に応じて学費が決まる単位従量制授業料を採用しています。シニア割引は本学独自の学費サポートで履修する科目数に関わらず学費が変わりません。

・50~59歳対象の「シニアコース」 半年間10万9,000円
・60歳以上の「プラチナコース」 半年間 9万9,000円
※別途入学時に入学金や半年ごとに学籍管理料がかかります。

詳細URL: https://www.yashima.ac.jp/univ/senior/


【八洲学園大学とは】
2004年に通信制大学として開学し、日本で初めてeラーニングを利用して学位や国家資格取得を実現しました。学習は全てeラーニングを用いており、一度も通学せず「在宅学習」だけで完結します(※外部施設での実習を行う科目もあります)。通信制大学としては珍しい就職支援も実施し、シニア層を対象とした就転職セミナー開催のほか、履歴書・職務経歴書の添削、在学生・卒業生向けの名刺発行も行っています。日本全国・海外にお住まいの10代~80代の幅広い年代層が学んでいます。


■学校法人八洲学園 八洲学園大学について
所在地: 〒220-0021 神奈川県横浜市西区桜木町7-42
開学 : 2004年4月1日
代表者: 水戸部 優子(八洲学園大学学長)
HP : https://www.yashima.ac.jp/univ/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。