配信元:@Press

360VRサービス『idoga VR』を展開する株式会社クロスデバイス(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:早川 達典)は、ほうきの傾きを感知するセンサーと連動した空中遊泳ができる体験型VR『空飛ぶ魔法のほうき』を開発し、商業施設やアーケードVR施設向けに、2020年11月より販売を開始します。

当社では、自転車のペダルを漕ぐとそのスピードに合わせてVR映像が動くサイクリングVRを既に市場導入しており、自治体や企業イベントを中心に数多くの導入実績がございますが、ほうきに跨がって空を飛べないかといった発想でこの『空飛ぶ魔法のほうき』を新たに開発しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/229224/LL_img_229224_1.jpg
『空飛ぶ魔法のほうき』のキービジュアル


■ほうきに跨がり前や後ろに傾けることで、見たことの無い絶景や街並みを空中散歩する様は、まるでほうきで空を飛んでいるような感覚を味わうことができます。
ほうきには傾きを検知するセンサーを取り付け、傾き度合いによって、3段階でスピードが変化します。またスピードに合わせて光や葉を模したパーティクルや音で一層の疾走感を演出しています。


■コンテンツは、世界のランドマークの空撮で定評のあるAirpano社と連携。
『空飛ぶ魔法のほうき』は、コンテンツも重要です。クロスデバイスでは、質の高い世界中のランドマークのVR空撮で定評のあるロシア『Airpano社』と連携。定額性でコンテンツの提供が可能になりました。世界中の名所を『空飛ぶ魔法のほうき』で空中散歩を楽しんでいただけます。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/229224/LL_img_229224_2.png
Airpano社の世界の絶景空撮映像を体験いただけます

※現在、日本国内の空撮映像も鋭意収録中です。


またCMS上におかれたVRコンテンツはDRM(デジタル著作権管理)で自動管理され、月単位でコンテンツを自動的に切り替えたり、増減させることが可能です。


■販売価格(参考上代価格 75万円 OP・コンテンツ利用料金を除く)
※システム利用料金
※JDI製HMD VirtualDive100
※専用PC(GPU性能 GeForce RTX 2070相当)
※その他ケーブルセンサ類
※スクリーンモニタ+スタンド
OP:スピード連動型サーキュレーター送風機


■販売形態は、買い取り、イベントレンタルを予定しており、直販に加え、取り扱い代理店を募集しています。


■会社概要
商号 :株式会社クロスデバイス
代表 :代表取締役社長 早川 達典
設立 :1998年9月30日
所在地:<本社>
〒431-3122 静岡県浜松市東区有玉南町1858
<東京事業所>
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-10-1 平富ビル6F


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。