配信元:@Press

ネットワーク型デジタルサイネージソリューションadmintサイネージを提供する当社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:押田 賢一、以下、デジタルクルーズ)とメ~テレ(名古屋テレビ放送株式会社)、株式会社 LIVE BOARD(以下、LIVE BOARD)は、株式会社セントラルパーク(以下、セントラルパーク)と共同で、11月6日(金)にリニューアルを予定しているセントラルパーク地下街にて30面のデジタルサイネージを設置し、10月26日より運用を開始します。



メ~テレ(名古屋テレビ放送株式会社)と株式会社 LIVE BOARD(以下、LIVE BOARD)、デジタルクルーズ株式会社(以下、デジタルクルーズ)は、株式会社セントラルパーク(以下、セントラルパーク)と共同で、11月6日(金)にリニューアルを予定しているセントラルパーク地下街にて30面のデジタルサイネージを設置し、10月26日より運用を開始します。
メ~テレは先月9月18日(金)から運用を開始したHisaya-odori Park内大型ビジョンとセントラルパーク地下街内デジタルサイネージの二つのメディアを通じて、地域の皆様の利便性向上に資する情報を発信し、栄地区の新たな文化創造に寄与してまいります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/230514/LL_img_230514_1.jpg
「セントラルパーク地下街」に設置するデジタルサイネージ

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/230514/LL_img_230514_2.jpg
「セントラルパーク地下街」に設置するデジタルサイネージの設置場所イメージ

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/230514/LL_img_230514_3.jpg
各社の役割


◆メ~テレ SDGsへの取り組み
SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは、2015年の国連サミットで採択された、「持続可能でよりよい世界を目指す国際目標」のことです。
メ~テレグループは報道機関として、放送・配信・イベントなど様々な手段を通じ、SDGsの活動の普及や啓発、目標とする社会問題の解決に貢献できるよう、取り組みを進めていきます。

◆メ~テレSDGsサイト
https://www.nagoyatv.com/sdgs

※本リリースの取り組みは、SDGsにおける以下の目標達成を目指しています。

目標11 住み続けられるまちづくりを
目標17 パートナーシップで目標を達成しよう

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/230514/LL_img_230514_4.jpg
メ~テレ SDGsへの取り組み


<デジタルサイネージ関係のお問い合わせ>
メ~テレ 成長投資戦略室担当
TEL:052-322-7145(平日10:00~18:00)
安藤・川村( skawamura@nbn.co.jp )・井上( rinoue@nbn.co.jp )

<本件に対するお問い合わせ先>
デジタルクルーズ株式会社
担当 : サイネージ営業担当
電話 : 03-6268-9801
E-mail: contact@digital-cruise.co.jp


◆当社 概要
所在地 :東京都千代田区九段北1-14-17 AMINAKA九段ビル5階
設立 :2006年12月
資本金 :100百万円(資本剰余金160百万円)
代表者 :代表取締役社長CEO 押田 賢一
事業内容:
(1) 動画配信クラウドサービス事業
(2) デジタルサイネージクラウドサービス事業
(3) メディア事業(メディアコンサル、構築、運用)
(4) コンテンツ制作&運用代行サービス
(5) デジタルメディアの企画&立案及び構築
(6) 新ビジネスモデル及びサービスの企画&立案及び構築
動画配信クラウドサービス事業サイト: https://www.digital-cruise.co.jp/
デジタルサイネージクラウドサービス事業サイト: https://signage.digital-cruise.co.jp/
Facebook: http://www.facebook.com/digitalcruise

【商標・規格名称について】
admintはデジタルクルーズ株式会社(日本)の登録商標です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。