配信元:@Press

飲食店経営を行う、鮨 くりや川(所在地:東京都渋谷区、代表:厨川 浩一)は、ハイコスパ寿司として人気を集め、2019年9月のオープン間もなくから予約困難店となった 赤阪「鮨 いつみ」のランチタイムに、おまかせにぎりのコース2種をスタートしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/228071/LL_img_228071_1.jpg
鮪の突先と礼文の雲丹の握り

「鮨 いつみ」詳細URL: http://www.sushi-itsumi.com


■人気店の味を半額以下で
繊細な江戸前しごとにこだわる恵比寿の人気店「鮨 くりや川」の華やかさはそのままに、ディナーでは本店の半額以下の価格でおまかせコース(18品)を提供。食にこだわる人気インスタグラマーたちがフォトジェニックなだけでなく、実際に食べて「コスパ良過ぎ!!」とつぶやく満足度の高さでスタートから間もなく「もうすぐ予約が取れなくなる店」との書き込みどおり、あっという間に1か月半先まで予約が取れない店となりました。


■コロナ禍の影響とランチスタートの概要
しかしながらコロナ禍により、いまだに赤坂の夜の人出は戻っておらず、お客様からも夜の外食をひかえているという声が多数聞こえてきました。
そこでビジネスマンやファミリー層を対象に、試験的に9月から贅沢ランチのおまかせコースをスタートしたところ好評をいただき、この度10月15日から正式にお昼のおまかせコースをスタート。すでに満席の日も出てきております。


■メニュー・コースの紹介
<ある日のお昼のおまかせ握りコース 7,000円 (全17品・税別)>
・鮪の突先と雲丹
・白身
・石垣貝
・南蛮海老
・のど黒の炙り
・お新香
・アジ
・赤身
・中トロ
・小肌
・うに
・穴子
・玉子
・とろタクドッグ
・お椀
・寿司屋のTKG
・デザート
※メニューは仕入状況等により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

1品目、希少部位の「鮪の突先と雲丹の握り」と〆の「寿司屋のTKG」は鮨いつみのスペシャリテ。また、新作のとろタクドッグはピクルスに見立てたザーサイの浅漬けがアクセントとなったひと品。いづれも7,000円のコースに含まれます。
これらを除いた握りのコース15品5,000千円コースもご用意しております。
ひと品ひと品すべてに江戸前しごとを丁寧に施した握りでのメニュー構成となっております。

【ユーザーの例】
個室(利用料2,000円、6名まで)は小さいお子様とのお食事や大切な接待に。カウンター席、テーブル席(4名席)は他のグループとの間にパーテーション、ロールカーテンによる仕切りがございます。

【利用シーンの例】
お誕生日や記念日のお祝いに、デザートにそえるメッセージボードを無料でご用意いたします。
メッセージは「Congratulations」「Happy Anniversary」「Happy Birthday」の3つから選択いただけます。(お名前、個別メッセージの記載は不可)


■店舗概要
店舗名 : 鮨 いつみ
所在地 : 〒107-0052 東京都港区赤坂3-20-9 赤坂千切屋ビルB1F
アクセス : 丸ノ内線・銀座線赤坂見附駅 9番出口 徒歩1分
千代田線赤坂駅 徒歩6分
半蔵門線・南北線・有楽町線永田町駅 徒歩8分
銀座線・南北線溜池山王駅 徒歩9分
営業時間 : 年中無休 ランチ 月~土 12:00~14:30(最終受付13:00)
日曜日12:00~、または13:30~(2部制)
ディナー 18:00~、または20:30~(2部制)
定休日 : 不定休
席数 : 22席
URL : http://www.sushi-itsumi.com


■会社概要
社名 : 鮨 くりや川
所在地 : 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-23-10 ヒルサイドレジデンスB1F
代表者 : 代表 厨川 浩一
設立 : 2009年12月1日
事業内容: 飲食店経営
URL : https://sushikuriyagawa.gorp.jp/


■本件に関するお客様からのお問い合わせ先
鮨 いつみ
TEL:03-6230-9353
ご予約はこちらから:
https://www.tablecheck.com/shops/sushi-itsumi/reserve?utm_source=tcqrtablecheck.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。