配信元:共同通信PRワイヤー

2020年10月29日
文化庁

令和2-3年度 「文化庁文化交流使」の指名

文化庁では、平成15年度より、芸術家、文化人、研究者等、文化に携わる人々を一定期間諸外国へ派遣する「文化庁文化交流使事業」を実施しています。

派遣された文化交流使は、それぞれの専門分野における実演、実技指導、講義、共同制作など、世界の人々の日本文化への理解の深化や、諸外国の芸術家・文化人などとのネットワークの形成・強化につながる活動を行います。

令和元年度までに、伝統音楽や舞台芸術、生活文化やポップカルチャーといった多様な分野で活躍する芸術家、文化人等、延べ143人と26組(団体) を88か国へ派遣しています。

この度、以下のとおり、令和2-3年度 「文化庁文化交流使」として以下の6名を指名しましたので、お知らせいたします。

■太田 宗達(おおた そうたつ)(公益財団法人有斐斎弘道館代表理事,有職菓子御調進所老松主人,茶人,工学博士)

■落合  陽一 (おちあい よういち)(メディアアーティスト)

■北村  明子 ( きたむら  あきこ)(振付家・ダンサー,信州大学人文学部 准教授)

■志田  真木 (しだ まき)(琉球舞踊家,琉球舞踊重踊流二世宗家)

■藤舎  推峰 (とうしゃ すいほう)(邦楽笛演奏家)

■吉川  壽一 (よしかわ じゅいち)(SYOING アーティスト)

※敬称略、50音順
※略歴は別添資料を御覧ください。

●本件に関する詳細は以下の⽂化庁ホームページを御覧ください。
  https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/92619901.html

●⽂化庁⽂化交流使事業については以下の公式ホームページを御覧ください。
  https://culturalenvoy.jp/

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。