配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 86319 (1981)

 
【ボストン2020年10月28日PR Newswire=共同通信JBN】
*独立リサーチ会社がEUEM市場におけるトッププロバイダーの中でLakesideを表彰

デジタルエクスペリエンスモニタリングソフトウエアのグローバルリーダーであるLakeside Softwareは、The Forrester New Wave(TM): End-User Experience Management, Q4 2020リポートでリーダーに選ばれた。このリポートは、11の最も優れたEUEMプロバイダーを10の基準で評価した。Lakesideはテレメトリー収集、定性的フィードバック、サードパーティー統合、ロードマップの基準において差別化されていると評価された。Lakesideはまた、現在の提供物基準で最高のスコアを受けた。

LakesideのSysTrackプラットフォームは、包括的なエンドポイント・モニタリングソリューションで、広範囲に及ぶ広さおよび深さのデータ収集と、従業員センティメントおよびAI駆動のインサイトを組み合わせて組織がITコストを最適化しながら従業員エクスペリエンスおよび生産性を向上させることを支援する。Forresterリポートは、Lakesideは「極めて大量のエクスペリエンスデータを収集している。Lakesideのクライアント側の『センサー』は7000以上のメトリクスを収集し、機械学習を活用してどのデータをクラウドに送信すべきかを優先付けするので、IT管理者は最も関連性があるエクスペリエンスデータだけを見ることができる」と指摘した。

ある顧客はリポートで「Lakesideが収集する多数のデータポイントは、同業他社よりも極めて大きい」と語った。

Lakesideの最高経営責任者(CEO)、Mike Schumacher氏は「このNew Wave評価でリーダーに選ばれたことは、当社の顧客およびパートナーがわれわれに語ったことを確認することである。それは、最大のテクノロジー障害を特定して解決する能力が生産性を最大限に引き出し、IT効率性を促進するためのゲームチェンジングであるということだ。われわれはこの特質を、従業員エクスペリエンスの卓越が必須であるとの認識の高まりの一環として見なしている。特に現在は、リモートワークへの移行が既存のワークフローを破壊し、仕事が発生する場所としてのエンドポイントにより大きなプレッシャーを与えてきた。われわれの観点から見れば、Forresterの評価は、組織が従業員の理解を深めることに役立つロバストプラットフォームを構築し、どこからでもあらゆるデバイスで素晴らしいITエクスペリエンスを提供し、現実のユーザーデータによってITプロジェクトを計画・実証し、プロアクティブ検知によってサービスデスクのプロセスを効率化するというわれわれのコミットメントを浮き彫りにしている」と語った。

Forresterは同リポートで、Lakesideが「VDI環境に極めて適している。顧客は、Lakesideには強固なリソース活用能力があることから、デスクトップトランスフォーメーションのためにLakesideを頻繁に利用している。これは追加設定なしで、Citrix、マイクロソフト、Nutanix、VMWwareをサポートする。

Schumacher氏は、完全なVDIサポートがリモートワークの時代にはますます重要になっており、「仮想デスクトップおよびアプリは、多数の当社顧客にとって、従業員が自宅からセキュアに仕事をするために極めて重要なソリューションになっている。われわれは、顧客およびパートナーがVDI環境を適切なサイズにし、トランスフォーメーションで成功するために依存するツールになっていることを誇りに思う」と語った。

このリポートは、Lakesideの成長と市場開拓戦略を推進する目的で2人の新しい幹部を採用したことに関する同社の発表(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2963067-1&h=2602706877&u=https%3A%2F%2Fwww.lakesidesoftware.com%2Fnews%2Farchive%2Flakeside-software-welcomes-new-chief-revenue-and-chief-marketing-officers&a=announcement )の後に明らかになった。

リポート全文の無料コピーは以下からダウンロードできる。
https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2963067-1&h=2602706877&u=https%3A%2F%2Fwww.lakesidesoftware.com%2Fnews%2Farchive%2Flakeside-software-welcomes-new-chief-revenue-and-chief-marketing-officers&a=announcement

▽Lakeside Softwareについて
Lakeside Softwareは、デジタルエクスペリエンスモニタリングのグローバルリーダーである。当社はITチームが生産的なデジタルワークプレースを設計・サポートするために必要とする可視性をもたらすソフトウエアを開発している。顧客は当社のテクノロジーを使用してワークプレースアナリティクス、ITアセット最適化、リモートワーク管理、AIOpsを実行している。当社の製品であるSysTrackはデジタルエクスペリエンスモニタリングソリューションで、エンドユーザーエクスペリエンスおよび業務の生産性に影響を与える可能性があるすべてのもののデータを収集し、それを分析する。詳細はウェブサイトwww.lakesidesoftware.com を参照。

Lakeside SoftwareとSysTrackは、米国およびその他の裁判管轄区におけるLakeside Software, LLCの登録商標および/または商標である。その他の商標および登録商標はそれぞれの所有者の財産である。

ソース:Lakeside Software

▽問い合わせ先
marketing@lakesidesoftware.com

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。