配信元:@Press

クリーンビューティーのリーディングブランド「ベアミネラル」を輸入販売するベアエッセンシャル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:大場 尊文)は、2020年のホリデープロモーション開催と同時に、世界中にGOODを届ける「DO GOOD活動」をスタートします。
ベアミネラルは、2018年よりブランド理念として“THE POWER OF GOOD~ひとりひとりの美しさと幸せからGOODな連鎖反応を世界中へ~”を掲げています。
2020年のホリデーコレクションは、この理念をホリデープロモーションのテーマ、並びに限定アイテムとして実現し、クリーンビューティーブランドとしてのメッセージ発信を強化します。


【DO GOOD活動とは?】
全国のベアミネラルカウンターを起点に、お客様が気軽に環境保全に参加できる3つのGOOD活動です。参加された活動数に応じ、店頭のクラフトツリーを緑化していくユニークなGOOD体験を通し、環境問題を見つめるきっかけを作ります。またベアミネラルのメンバーズ プログラムのボーナスポイントも付与します。
開催期間:10月30日(金)~12月25日(金)まで

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/232734/LL_img_232734_1.jpg
クラフトツリー

1. ホリデー限定品のご購入
2020ホリデー限定品は、ベアミネラルのクリーンフォーミュラのコスメをサステナブルなパッケージに包んだ、スペシャルバージョン。外装のクラフトボックスはすべてFSC認証紙を使用し、過剰な包装を省いたシンプル設計、かつ再生可能な素材の利用により、二酸化炭素の排出を大幅に削減し、使う人にも地球にもGOODをもたらします。
また、イラストが描かれたキュートなデザインは、ラッピングペーパー要らずでギフトに使えるブランドを想いが込められています。化粧品の購入で、肌と環境どちらにもGOODな影響を!

■パッケージ素材&構造詳細
使う時から使い終わった後の処分までを考え、地球環境保全に配慮した素材、構造を積極的に取り入れています。これによりブランド全体で3,000kg以上にも及ぶプラスチックの削減に貢献。(*2019年ホリデー コレクションとの比較、ベアミネラル ブランド全体として)
メイクパレット類はすべてFSC認証紙による地球にやさしいペーパーボードを使用。ミラー部分と金皿部分は取り外し可能で、使用後の再利用や処分もスマートです。

2. 使用後のコスメの空容器を店頭へ持参
様々な素材が使われた化粧品の処分は悩みの種。空になったもの、使いかけのもの、ブランドを問わず店頭に持参いただいた化粧品は、ベアミネラルが環境に配慮した正しい方法で責任を持って処分されます。

3. ショップバッグ不要
お買い上げいただいた製品を入れる紙袋。使用をご辞退いただくことで、森林保護やゴミの削減に貢献できます。

また、ベアミネラルではホリデーアイテムの売上の一部を、世界のコロナ拡大予防の支援へと繋げます。


【肌にも地球にもやさしいマスクで、女性や子供たちを感染から守る。】
繰り返し使用ができ、肌にも地球にもやさしい素材*で作られた作られたマスク「Bio Face」。ベアミネラルは、ホリデーアイテムの売上の一部を、ごみの処分などにも課題を抱える途上国へ、やさしさにあふれたマスクを届ける活動をバックアップいたします。
* トウモロコシ等のでんぷんから作られたバイオプラスチック(ポリ乳酸)を使用。ポリ乳酸の糸は、手術の際に抜糸を必要としない縫合糸としても使われており、安全性と生体適合性に優れています。(繰り返し使用可、弱酸性、抗菌)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/232734/LL_img_232734_2.jpg
途上国へマスクを届ける活動

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/232734/LL_img_232734_3.jpg
肌にも地球にもやさしい素材で作られた作られたマスク「Bio Face」


ベアミネラルの化粧品は、効果に妥協せず、刺激の強い成分や不必要な添加物を配合しないクリーンなフォーミュラで作られています。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/232734/LL_img_232734_4.png
ベアミネラルの化粧品は、クリーンなフォーミュラで作られています


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。