配信元:@Press

唐紙の製作を行う株式会社小泉襖紙加工所(代表取締役社長:小泉 雅行)は、草加マルイ(所在地:埼玉県草加市)にて11月6日~19日に開催される催事イベントへの出展が決定いたしました。「からかみ襖」の商品販売や、土日は「からかみ制作の体験」を実施いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/232931/LL_img_232931_1.jpg
和紙はがきを利用

からかみ襖シリーズの模様付けした高機能マスクケース(価格:2,300円+税)を、今回限定50個発売予定です。
このマスクケースは、外側は通常のからかみで仕上げました。
内側の和紙は、キララliquidと言う天然素材を紙に施工することで、抗菌、除菌、消臭、抗ウイルス、防カビ、抗酸化、マイナスイオン、遠赤外線、空気清浄等の効果が有ります。
このマスクケースが少しでも多くの方のインフルエンザ等の予防に役立てばとの思いで仕上げました。
開催中は消臭効果の実験も行っています。
草加マルイのイベントでは当社からかみ襖シリーズも一緒に発売予定です。


【展示場所 概要】
場所 : 草加マルイ
日時 : 11月6日(金)~19日(木)
所在地: 〒340-0015 埼玉県草加市高砂2丁目9-1
URL : https://www.0101.co.jp/066/


【株式会社小泉襖紙加工所について】
嘉永年間に日本橋通り3丁目に創業した唐紙屋、唐七の初代小泉七五郎から始まっています。唐源を創立した小泉源次郎は七五郎の長女うめと夫次郎の長男として日本橋で生まれました。源次郎が生まれたときすでに父次郎は没してしまいましたので、祖父七五郎に育てられました。

明治25年に源次郎が独立し日本橋に唐源を創立し、昭和2年に湯島に移転しました。昭和13年に源次郎が没し、その後長男小泉哲が唐源として活動してきました。昭和40年に法人化し株式会社小泉襖紙加工所となりました。

平成25年に小泉哲が没し長男小泉幸雄が株式会社小泉襖紙加工所を継ぎ、平成28年埼玉県八潮市に移転、幸雄の次男 雅行、三男哲推の三人で唐紙製作を行っています。

会社名: 株式会社小泉襖紙加工所
代表 : 代表取締役社長 小泉 雅行
創業 : 嘉永年間創業(唐七) 明治25年独立(唐源)
昭和40年法人化(株式会社小泉襖紙加工所)
要事業: 襖紙加工 唐紙製造
所在地: 埼玉県八潮市大字大曽根1255-3
URL : https://www.koizumihusumagami.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。