配信元:@Press

合同会社IRIE(アイリー)(本社:大阪府枚方市、代表社員:岡林 和純)は、ポータブル電源専門メーカー、CRECREDIテクノロジー社のPortable Power Station日本総代理店として、2020年10月29日にクラウドファンディングサービス「Makuake」にて「ポータブル電源G1000」の販売を開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/232780/LL_img_232780_1.jpg
1


【プロジェクト開始の背景】
前回、Makuakeでポータブル電源G500Lのプロジェクトを実施いたしました。その時の支援額は15,193,619円となり、多くの方にご支援をいただきました。
その際、1,000W以上なら欲しかったのですがというご意見を多数頂戴しておりました。このご意見を受け、前回のプロジェクト以降、メーカーと準備を進めてきておりました。そして誕生したのが定格AC1,200W,最大瞬間出力3,000W 300,000mAh 1,100Whのウルトラ級大容量ポータブル電源、G1000です。2020年10月29日に、ようやくプロジェクトを立ち上げることができました。


【商品の特長】
1) ソーラーパネル2台同時充電が可能に
前回のG500Lのポータブル電源ではソーラーパネルを1台しか充電する事ができませんでした。また他社様のポータブル電源でも2台同時充電ができるメーカーさんは少ないです。今回、新しく2台同時充電可能にする機能を増やしました。

2) ポータブル電源を充電中でも同時に電子機器(電化製品)を使用することも可能に
ポータブル電源に充電しながら同時に電化製品を使用すると、電池の劣化が早く寿命が短くなるので推奨していないメーカーが多いです。
G1000の【リチウムイオン電池】は【CATL社】のリチウムイオン電池を使用しており、このメーカーは海外の高級車専門メーカー(誰もが知る高級車)のEVに搭載されているリチウムイオン電池です。【CATL社】はEV市場で4年連続で世界首位になってます。
劣化どころか電気自動車に搭載しているぐらい性能の高いリチウムイオン電池なので安心して使用できます。

3) 1,200Wのウルトラ級大容量で電気自動車でも十分な走行距離を保ちます。
EV(電気自動車)のバッテリー切れでも安心の走行距離を保ちます。(リーフ 9-11kmの走行可能)


【リターンについて】
ポータブル電源の一般販売価格149,800円を最大40%OFFの89,880円で先着50名様に限定販売いたします。
更にポータブル電源+ソーラーパネル50W付き、一般販売価格167,800円を最大41%OFFの99,000円で先着50名様に限定販売いたします。
他にも最大42%OFFのコースや、ポータブル電源+ソーラーパネル×2台セットも用意しています。


【プロジェクト概要】
◇プロジェクト名
ウルトラ級大容量ポータブル電源誕生 最大瞬間出力3,000W 電気自動車まで充電可能

◇期間
2020年10月29日~2020年12月30日

◇リターン
2021年2月末

◇URL
https://www.makuake.com/project/g1000/?iossrc=pj_list_tab_recent


■会社概要
商号 : 合同会社IRIE(アイリー)
代表者 : 代表社員 岡林 和純
所在地 : 〒573-1144 大阪府枚方市牧野本町1-9-13
設立 : 2014年4月
事業内容 : クラウドファンディングを中心に
海外から日本に存在しないような商品を普及させること
資本金 : 100万円
URL : http://irie.mystrikingly.com/
過去の実績: https://www.makuake.com/project/g500l
過去の実績: https://www.makuake.com/project/samson_salon
過去の実績: https://www.makuake.com/project/smarttap


【クラウドファンディングに関するお問い合わせ先】
合同会社IRIE(アイリー)
担当 : 岡林 和純
E-Mail: irie@inityiani.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。